レビュー一覧に戻る
メテオ

メテオ

METEOR: PATH TO DESTRUCTION

185

chi********

1.0

ネタバレディザスター・パニック

◇◇あらすじ◇◇ 2009年夏、インターフィルムが放つ《アルマゲドン級》超大作! まだ未曾有の危機は去っていなかった!! 劇場公開作では「ホテル・ルワンダ」「ツォツィ」、未公開作品では「ミラー・ウォーズ」「ザ・ヒットマン」等々を仕掛けてきたインターフィルムが、2009年・夏満を持して放つ《アルマゲドン級》超大作のこの「メテオ」だ! オールスター・キャストの「ディープ・インパクト」「アルマゲドン」に匹敵する、“巨大隕石落下・ディザスター・パニック”作品である。小惑星に彗星が激突してことにより、破壊された小惑星が、最大直径が100キロにも及ぶ隕石群と化し、地球をターゲットに落下してくるというストーリー。 宇宙空間からやって来る超巨大隕石群、隕石群に破壊される人工衛星、NYを始めとした大都市に落ちる隕石群、逃げ惑う群集、原子力発電所に直撃する隕石、迎撃ミサイルによる隕石爆破等、迫力満点のシーンが秒刻みに連弾する。 製作会社は、超大作の製作を得意とするRHIエンタテインメント社。キャストもマイケル・ルーカー、アーニー・ハドソンを始めとして豪華絢爛だ。 ◇◇感想◇◇ これは、前篇後編と2部制のテレビ映画だったらしい…。 ちゃんと詳細を見ないで、作品を見てしまった。 しかも、「メテオ エピソード2:地球が崩壊する日」の後編を(汗) 海外のテレビ映画って、結構2部制ってあるからなぁー。 そんな長編よく作るよなぁ、と感心しちゃいますが…。 正直に、後編つまらなかったです。 なので、前篇は見ません(笑) もぅ、途中で見るの止めようと思った程、つまらなくて苦痛でした。 予算の関係上、これが精一杯なのかもしれないけど ちょっと酷かった…。

閲覧数453