ここから本文です

王と鳥 (1980)

LE ROI ET L'OISEAU

監督
ポール・グリモー
  • みたいムービー 79
  • みたログ 257

4.13 / 評価:128件

絵がなんか気持ち悪いがそこがいい。

  • mir******** さん
  • 2021年1月4日 16時17分
  • 閲覧数 61
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

古いアニメだからか、しかたないが、絵がなんか気持ち悪く、でもそこがいい。そしてその古さがとても良い。
だからこそじっくり見てしまう。かわいいっぽい小鳥が出てきたからこれで落ち着けるかなと思うけどこれもなんか気持ち悪く、落ち着かない気持ちのまま映画は終わる。
しかし、動きはとてもなめらで繊細ですばらしい。

全体的に不安を感じるような、奇妙な雰囲気。人っ気の無い城、孤独感。ただよい続ける不吉な予感。しのびよってくる不幸の予感。なんか哀しいような暗い気持ちになる。でもそれがいい。

そして、フランス語が美しく、曲も詩の内容も美しく、酔える。ネガティブな要素すら、素晴らしいアンデルセンの世界観と融合して、ロマンチックだ。

私は終わりらへんが特に好きです。センスいいな~・・・!と思いました。

「羊飼い娘と煙突掃除人」を読んでおくとより楽しめます。原作もとても素敵です。

私の大好きな映画です。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ロマンチック
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ