ここから本文です

ブルーノ (2009)

BRUNO

監督
ラリー・チャールズ
  • みたいムービー 169
  • みたログ 419

3.15 / 評価:103件

子供は真似しちゃダメ

  • kyu******** さん
  • 2015年10月12日 9時52分
  • 閲覧数 931
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

なんだ、このブルーノというすかしたハンサムは、アメリカのコメディ映画かなんか?
というくらいのイメージだけ持って鑑賞。

ホモでタレントのブルーノがアメリカ合衆国へ乗り込み、セレブになるため有名になるため奮闘するという物語。観る前に想像してたのとは大きく違った。身近なことで例えると、電車内で暴力団風の乗客ハゲちゃびんに(おい、そこのハゲ)と、わざと大声で、言わなくてよいことをいうかのよう。つまり硬直して過激な方へ尖った人を激怒させスタコラと逃げる映画。で、面白いのは、普段エンターテイメント映画では見れない、合衆国の人たちのリアクションの姿だ。
人権保護、タカ派でマッチョでゲイを受け入れない狩人、軍人。アフロアメリカンと教会や信仰、磔になる赤ん坊などなど。そんな風なことがなぜ、こんなにヒステリックな事なのか、フィクションか、リアルかは置いといても不思議な説得力があった。
しかし、表現創作でもって、あの人は○○だから過激なことを言っても許されるというのは、逆にもっと根が深いことでもある。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • スペクタクル
  • パニック
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ