プリズン・ブレーキ

PRISON-A-GO-GO!

86
プリズン・ブレーキ
1.8

/ 4

0%
25%
0%
0%
75%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(3件)

セクシー28.6%コミカル28.6%不思議14.3%絶望的14.3%楽しい14.3%

  • ハタケ(B君(永遠の能條推し))

    1.0

    やっぱり

    見なきゃよかった(´~`;) プリズン・ブレイクを見た後だったので、つい……

  • めもあある

    1.0

    シャワータイムはボ○ンが必須条件

    あえて表現するなら、エロチック・コメディの監獄モノって感じでしょうか。いずれにしてもまともに鑑賞する作品ではありません。ゲテモノ好きな人のみが対象となるでしょう(自分も?)。邦題の露骨さでTSUTAYAってはみたものの・・・。 おそらく各所にパロディ要素が詰め込まれていて、お笑いポイントがあるとは思うのですが、さっぱり分かりません。基本になる映画はおそらく『グリーンフィンガーズ』あたりだと思われます。とりあえず刑務所内で囚人がガーデニングをしているシーンが目立ちますから。お色気ムンムンの女囚ですけど・・・(プラスしてマッドサイエンティストとニンジャが出てくるんだけど意味不明だし) でも、そのレベルのパロディであれば他も推して知るべし、大したことはなさそうです。特に、最後の所長のシーンがオチのようですが、さっぱり笑えませんでした。せめてオチだけでも素直に笑えたなら、点数をあげても良かったかなって・・・(それでも☆1つね) あるいは1番ボイン(死語)のお姉さんが、例のシャワータイム(謎)で素晴らしいバストを見せてくれたなら・・・(実は最後まで見ることが出来たのは、これを期待していたからなのかも?←男のサガですな) だから本当は☆0個。でも、システム上それが出来ないので泣く泣く・・・。あ~こんなレビューは書きたくなかったよぉ~(後のまつり)

  • yel********

    1.0

    承知の上の愚作か?

    面白くもない大バカ映画はただ愚かなだけ。 この作品はそのど真ん中。 邦題は思いっきり『プリズン・ブレイク』のパクリ。 2003年の作品にも関わらずね。 声優には多数の芸人を起用するなど、全てにおいてテキトー感が溢れている。 Bムービー・フィルム・フェスティバル作品賞・監督賞・主演女優賞・セットデザイン賞 ディープエルム・フィルム・フェスティバル作品賞 バックシート・フィルム・フェスティバル作品賞 ツイステッド・シネマ・フィルム・フェスティバル最優秀コメディ映画賞 ・・・聞いたこともないフェスの受賞歴がジャケットに踊っています。 それにしてもここまで面白くないコメディをよく作れるもんですね。 パロディの要素があるみたいですが、(私を含め)それがわからない人には本当につまらないと思います。 ゾンビやふざけた忍者も出てくる始末。 まともな奴は一人もいません。 特に中盤までは恐ろしくしょーもない。 終盤が少しマシに感じるほどです。 でも次のシャワー・シーンまでの時間を表示してるのはちょっと面白かったな。 作り手も自分達がどんなものを作っているのか承知しているのでしょう。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
プリズン・ブレーキ

原題
PRISON-A-GO-GO!

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日
-

ジャンル