2009年12月19日公開

ウルルの森の物語

1192009年12月19日公開
ウルルの森の物語
2.7

/ 124

9%
14%
37%
23%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(91件)


  • Multiverse

    5.0

    文部科学省選定

    犬を飼ったことがないけど、ホモサピエンスと共存共栄できる命なのかな。

  • see********

    3.0

    小さい子供さんと一緒に見て下さい。

    マリと子犬の物語があまりに良かったせいか、期待しすぎた感があり少々消化不良気味。 人間と動物とのバランスを教えてくれる映画だと思うので、小さい子供さん向けや、これからペットを飼おうと思われている御家族が観るといいんじゃないのでは。

  • tkr********

    3.0

    子供向け。大人にはちょっと辛いかも・・・

    試写会行ってきました。 やけに物々しい厳重な警備だなぁと思っていたら、出演者の船越さん、深田さん、そして最後に紀子様が一番上のお嬢さんとご一緒に来場されてビックリでした。 しかも私の座席の一段上の席に並んで座られていて、上映中何だか緊張しっぱなしでした(^^; 東京に住む昴としずくの兄妹は、母親が入院する事になり、離婚して離れて暮らしている父親が住む北海道へ行くことに。 野生動物を保護し、治療をした後、野生に返すという仕事をしている父親とは、あまり生活を共にした事のない二人は、戸惑いを隠せない。 そんなある日、しずくは森でオオカミに似た子犬と出会う。 母親とはぐれ一人ぼっちの子犬に自分の境遇を重ね、世話をする事を条件に飼うことを許して貰う。 ウルルという名前を付け、子犬と幸せの日々を送るが、父親の後輩である生体学者が現れ、オオカミである可能性が高いウルルを研究機関に連れて行くべきだと主張する。 昴としずくは、ウルルを母親の元へ返す為、ホロケシと呼ばれるオオカミの住む森を目指すのだった・・・。 この映画の一番の見所は、絶滅したはずの日本オオカミが実存しているかもしれないという点だと思います。 ご存知のとおり、残念ながら実際にはそんな事実は無いので、その時点でこの物語はファンタジーの要素が強いと言えるかもしれません。 民話に基づいた伝説の森のシーンなどが美しくCGで表現されており、とてもファンタジックな映像に仕上がっていました。 とにかくウルルがとても可愛らしくて癒されました。 ウルルと兄妹とのエピソードを軸に兄妹の成長物語としても描かれていました。 北海道の雄大な大自然、そこに暮らす様々な野生動物、野生動物救命所の活動内容など、興味深かったです。 クライマックスの兄妹がウルルを母親の元に返す為、心を鬼にして行ったある行動には泣かされました。とても切ないシーンでした。 私のような心がすっかり汚れてしまった大人が観ると色々とツッコミ所満載ですが、子供と一緒に安心して観に行けるファミリー向けの映画だと思います。

  • ami********

    5.0

    こんなに泣いた映画ないかも。

    【感想】 映画館で頭が痛くなるほど泣きました(;_;) とてもとても暖かなお話です。 ぜひ幼稚園~小学校低学年くらいのお子さんと お父さんで見て欲しいです。 とてもお薦めですよ。 【あらすじ】 夏休みにお父さんが働く野生動物の保護施設のようなところに 遊びに来た小学生くらいの2人姉弟。 そこで1匹の子犬を拾います。 命の重みを知っているお父さんは しっかりと育てることを条件に飼う許可を出すのですが 検査の過程で、子犬だと思って拾ったその動物は 野生のニホンオオカミなのではないかという結果に。 希少動物は保護しなければならないという獣医としての自分と、 子供達との約束を守りたい父親としての自分。 そんなお父さんの葛藤の最中、 子犬と引き離されるのではないかと悟った子供たちの行動とは!?

  • shi********

    4.0

    二番煎じと侮るなかれ!!!

    子供と動物を使った商業主義映画と侮っていると、お子様連れのお父さんお母さんは思わぬ涙を流すことになるかもしれないので気をつけた方がいい。 正直言って「どーせ森に帰してさよーならーでおしまいなんだろ?」と斜め目線で観に行ったが、涙を流すことになるとは思わなかった。 欠点や違和感はいくつかある。 特に前半に気になるのが子供のセリフ。 「わぁあ」「すごぉーい」「○○ぉーい」「○○ぁーい」ととにかく大げさで一辺倒。 子供の純粋な感嘆をバカな大人がセリフにすると、こうも薄っぺらくなるかという典型。 子役の魅力半減である。 そんな駄作色ぷんぷんの作品を良作に変えたのはこの3人。 北村沙羅ちゃんと大滝秀治と、これが劇場映画初監督の長沼誠である。 まずは北村沙羅ちゃん。 演技力と可愛らしさは水準以上。 違和感のあったセリフをはねのけるような表情を徐々に見せていく。 本当に動物が好きなんだな、ということが良くわかる。 この表情を引き出した監督に拍手。 深田恭子よりはるかに演技力も上だ。 これからクライマックスという時に「じゃ、これで」と深田恭子を退場させたことも監督に喝采だ。 沙羅ちゃん演じるしずくの「お母さんに会いたい!!」という想い。 これだけで大人の欲も事情も全て吹き飛んでしまう説得力、奇跡が起こっても許せる説得力がある。 そして名優・大滝秀治。 この人の存在なくしてこの映画は語れない。 出番は少ないが圧倒的な存在感だ。 「甘っちょろいことしてるんじゃない!!!」 大滝秀治演じるマタギ老人の登場のシーン。 この一喝はこの映画を製作している者にぶつけたものに思えてならない。 作る側も観る側も、これで引き締まる。 「マリと子犬」の二番煎じにはさせない、という監督の叫びにも聞こえる。 「ぼくたちがしてることは、正しいことなのでしょうか」 兄すばるが老人に問う場面。 老人の答えは当たり前の内容なのだが、ここで涙があふれてしまった。 この「ぼくたち」とは我々人間全てなのだ。 野生動物と関わることなどめったにない。 だがペットにしても動物と関わることとはどういうことなのか、どういう覚悟が必要なのか、人間は改めて考えなければならない。 本作は恐らく「マリと子犬」の二匹目のどじょうを狙って安易に企画された物だろう。 だがそうはさせないという監督の「抵抗」が随所に見られる。 この種の「抵抗」は観光商業映画として企画されたであろう「アマルフィ」でも見られた。 安易な企画に抵抗できなかった「スノープリンス」とは大違いだ。 残念ながら本作は二番煎じ企画と多くの人に見抜かれてしまったようで、それが興行成績に表れている。 だがこんな「抵抗」をする「映画に対する良心」を持つ「映画屋」がいるのだから、まだまだ日本映画は見限れない。

  • yut********

    4.0

    出逢えた奇跡☆絆へ…

    【あらすじ】 兄と妹は、入院した母のもとを離れ、別居した父のいる北海道に、 行くことになった。 そこで、二人は、絶滅したはずのエゾオオカミの子供ウルルと出逢い、世話をするうち、オオカミの棲家(=ホロケシ)の伝説を知る。 ウルルの母もそこにいると信じた二人は、研究施設に送られる予定のウルルを、ホロケシに連れて行こうとする……。 ~・~・~・ 『マリと小犬の物語』のスタッフの作品だそうです。 (監督は、劇場用作品初と) 『マリ~』が、実話を基にした、再会の物語なら 『ウルル~』は、架空でもあり、逆のパターンかもしれません。 出逢いと別れ、再会と再生etc.…を、 動物と人間、それぞれの親子に重ねながら リアルな世界に、ファンタジーの粉をふりかけて 見せてくれたようでした。 再び、温かい作品を創りたいとの作り手の想いは、 伝わってきました。 オオカミ役のウルルは、ウルフドッグという犬だそうです。 小犬のあどけない仕草、黒くてまん丸の瞳etc.…… 観ているだけで、可愛くなってしまいます(^-^) 他にも、 エゾシカ、キタキツネ、エゾリス、シマフクロウetc.…… 野生動物が、30種くらい(!)スクリーンを飾りますが 全て、自然の状態で撮影された、貴重なショットだそうです。 アニメやCGでない、実写の”生き物”の生き生きした姿は、 北海道の広い草原、森、黄色い花畑etc.…… とともに、和やかに、目を楽しませてくれました。 (深キョンの登場シーンも、いい風景で、オツ☆でしたね。) “子供&動物”には、ほのぼのしますが、それだけでなく 途中、ウワォ~!(汗)と思う、スリリングな展開も交え、進みます。 そして、彼らは、ホロケシにたどり着けるのでしょうか……。 印象に残ったことです。 (ネタバレではないと思いますが…) ▼▼▼▼ ?何が、正しいのか? 自分が良いことと判断しても、本当にそれが最善なのか 正しいことなのか? ウルルのことで迷いを感じている兄が、 猟師さん(大滝秀治さん)に、たずねます。 難しい質問を、大滝さんが、いい味わいを出しながら、厳しくも優しく 答えてくれます。 その“答え”を聞いて、感じてみてください。 ?「野生動物とは、人間が“距離”をおく事で共存する」★☆★ 獣医である父が、子供たちに言います。 野生動物は可愛くても、ペットではありません。 動物たちの命や生活を、大切に思えばこそ、 この“距離”の意味するものを、 父の言葉として聞くだけでなく、 残酷なまでに、兄妹は知ることになります。 ウルルのお守りにもしてあげた“ビー玉”を、 二人が手にしたシーンは、 伏線とも重なり、胸が張り裂けそうです……………。 (特に、妹のしずくちゃんが……(T_T)) ?出逢えた奇跡~絆へ 始めは、チラシの”奇跡と絆”が、 あまり、ピンと来なかったのですが…^^; ウルルと出逢った兄妹が、”経験したこと”を見て思いました。 私たちが、誰かに(何かに)出逢うとき それが、どんな結末を迎えたとしても、 大切なのは、出逢えた、ということ。 出逢って、同じ時を過ごし、何かを分かち合えたことに 意味があるのではないか、と感じました。 だから、離れてしまった者同士でも(家族も)、 1度は、出逢えた奇跡の延長線上に、 再会や再生の希望があるのかもしれなくて それが、絆なのかもしれない、と思いました。 ▼▼▼▼ 父役の船越英一郎さんは、見るよりも感じてほしい作品、と おっしゃっていました。 深田恭子さん☆は、優しい雰囲気を添えていて、 大滝秀治さんは、いつもながら、要所要所で、 グッと作品をシメていたのが、良かったです。 子役二人も、それぞれの役割が、生かされていたと思います。 (しずくちゃん、元気です♪笑) 憧れの北海道を舞台に、 切なくも、いとおしく、ラストは ”奇跡は、人の心が起こす”(by船越さん)という 穏やかな気持ちに包まれ、誰にも(人にも) 還るべきホロケシがあるのかもしれないな、と感じました☆ ファミリーで楽しむには、いい作品だと思います。 可愛いウルルには 出逢ってくれて、ありがとう、と(^-^)………… PS:送りオオカミって……ソレ??(*^_^*)

  • チソポー・カン

    1.0

    ネタバレ大論外

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • bou********

    3.0

    熱いぜ…船越

    深田恭子出てるから借りました。気付けば、船越英一郎の物語に…。それはそれで良い。とにかくセリフや仕草が熱い。まさに船越ワールドです。そんな熱い男が落下。爆笑でした。このシーンは忘れられない。涙は出ないがタイトル通りウルっとはきました。もう一度…あの落下はツボでした。

  • さーや

    1.0

    ネタバレハズレました・・・

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • jig********

    2.0

    言わねばならぬ、何事も

    なんでこの作品をチョイスしたのかは自分でも不明ですが、 とりあえず観てみようという気になったから録画されてる わけですね。ということで観たからには感想を述べねばと 思うのですが・・残念な感想ばかりが出てきますがご容赦。 一番ひっかっかる部分から述べればうまく伝わるのかなと 思いうのでそこを述べるとですね、途中のシーンで野生動 物を野に放つシーンがあるのですが、野にはなった後に人 間のもとに戻ってこない措置として爆竹を投げるんですわ。 でも、それをはたから見ていたおじさん(大滝秀治さん)が、 それじゃ駄目だと猟銃ぶっぱなして脅すんですよ。人間の 恐怖を植えつけるためだとか言って。それ自体には当然納 得の流れであるのですが、その後のクライマックスがダメ。 物語の中心である”うるる”こと狼の子とのお別れシーン、 あろうことかおじさんとの教訓がちっとも生かされてない という・・あの話なんだったの?と疑問で幕を下ろします。 ”うるる”が人間に慣れてしまっているという描写が途中 のシーンで描かれていながら、お別れシーンがそんな中途 半端でいいの?とかなり疑問なわけで、あの話いらなかっ たじゃんというところが気になりましたけど間違ってます? 果たしてこの物語のなかで彼らは成長したの?と思ってし まうのですが、成長したというのならあそこはむしろ爆破 するくらいの勢いがなければいかんのではと思うのですよ。 爆破は勿論いきすぎでしょうけど、それくらいの行動する ことで野生動物への”愛”を示していただきたかったです。 動物ものと子供は・・なんて言われますが、あくまで自然 に振舞っているからこそであり物語として感動させるには 相当頑張らないと、私みたいな輩にあら捜しされてしまい ますよということだと思います。それとも私の観方がひね くれすぎていて素直じゃないな~ということなのだろうか。 船越英一郎氏はいつもの安定感、意外だったのはよゐこの 濱口だろうか。普通に演技していてなんか面白かったです。 深田恭子がもっと目立ってたなら・・それは別作品ですね。

  • tee********

    3.0

    ファミリー映画、ですね。

    まぁ、これは予想通りと言うか、 オーソドックスな作りで、 まぁ、可もなく、不可もなく……。 重い病気で入院する母と離れ、 北海道で暮らす父のもとに来た兄と妹。 そこで拾った狼らしき動物の子どもを、 ウルルと名付けて2人は育てることにする。 はたしてウルルは、絶滅したはずのエゾオオカミなのか。 学術的にも、 エゾオオカミの可能性が高くなり、 ウルルは保護されることになった。 兄妹は、ウルルを母親の元につれていこうと、 東へ向かった。 とまぁ、こういう感じ。 この小さな2人の旅の過程で、 成長していく2人と、 距離を縮めていく父。 ラストもおそろしくハッピーエンドで、 家族で観るにはちょうど良いかもね。 動物も、子どもたちも可愛いし。

  • dae********

    3.0

    あきらめないこと、信じ続けること

    残念ながら、『マリと子犬の物語』のDNAはどこにも受け継がれていなかった。 それはそうだろう、監督も脚本も別な人、キャストも「船越英一郎」以外は誰?と首をひねってしまう。 「昴」(桑代貴明)と「しずく」(北村沙羅)の兄妹が研究施設に送られるはずだった「ウルル」を連れて「ホロケシ」へ旅に出る - この単純なストーリーにやたら脚色を被せたために、子供にとっては難解な作品になってしまった。 子供のことを理解していない大人が作った子供向けの作品。 しかも、「親子で楽しめて、ためになる」コンセプトに拘りすぎて、設定の甘さが目立つ。 思い出したようにファンタジーであったり、大人の泥臭さが見え隠れしたり、一貫性がない。 最も難解なのは、絶滅したはずのエゾオオカミの子供を、野性に返すのが正義なのか?というところ。 その答えを(大滝秀治)に語らせたのは、いかにも作り込みが甘い。  一つ目のテーマに、「野の動物は野に返す」というのが見える。 二つ目のテーマは、「家族愛」だろう。 【どんなに離れていても、家族の絆は奇跡を起こす】 このことを語りたいがために、夫婦は離婚をして東京と北海道に別々に暮らす。 母親の手術にさえも立ち会わない設定は、大人の論理以外の何者でもないだろう。 三つ目のテーマが、タイトルに書いた「あきらめないこと、信じ続けること」ではないか。 しかし、これらを作品から掴み取るのは困難を要する。 描きたいことは素晴らしいことだと理解できるが、作品からは伝わってこない。 父親役の(船越英一郎)でさえ、「言わされ感」をかなり強く感じる。 脚本のセリフが浮いてしまう感じが否めない。 妹「しずく」役の(北村沙羅)に至っては、主役としてはどうだろう? やたら声が大きいだけで抑揚に違和感があり、表情もシーンと合わないところが度々出てくる。 兄「昴」役の(桑代貴明)がしっかりとした演技をしているだけに惜しい。 メインである子役が、『マリと子犬の物語』の「広田亮平」、「佐々木麻緒」兄妹には遠く及ばない。 もちろん、監督、脚本は言うに及ばず、雲泥の差がある。 「ウルル」が成長しない内に急いで作品を仕上げ、映像だけは1年かけて撮っていた、残念ながらそんな風に見えてしまう。 1週間前に公開された同じコンセプトの『スノープリンス 禁じられた恋のメロディ』とどちらか1本を選ぶなら、本作の方が、映像が綺麗でファンタジックな分、劇場で鑑賞してもいいかもしれない。 ウルルもかわいく撮れている。 ただし、子供にとっては上映時間が119分と長く、途中で飽きて大声を出したり、走り回ったりしないという、常識だけは守ることができてからの話なのだが。

  • kao********

    1.0

    ネタバレ驚くほどの完成度

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kaz********

    2.0

    見れたもんじゃない稚拙な演出。

    期せずして動物シリーズ3連続になってしまいました。評判の悪さが気になりましたが、時間も合ったことで鑑賞となり、見事に惨敗致しました。 まず冒頭、子役の男の子のナレーションから物語はスタートしますが、あまりにも酷い。まぁ抑揚のない単調な語り口も気になるし、ただダラダラ長くしたようなセリフも耳障り。無駄にセリフを語らせることに頼る映画に感動作は少ないのですが、何の映像もないままにセリフで攻められた日にゃ、本編前からハズレの匂いが漂いまくりです。 本編に移ってもなおこの傾向に歯止めはきかず、船越さんに深田さん、子役2人もセリフの嵐。果ては夫婦間の手紙まで全文読み上げられる始末で、目も当てられないような状況でした。『牛の鈴音』では牛にまでセリフを与えるかのような演出が見られただけに、稚拙な表現方法だと断言せざるをえません。映画制作というものをもう一度勉強しなおして欲しいと思います。 次に目についたのが子役の芝居の下手さ加減。セリフが多いことも悪く見えた要因のひとつではあるのですが、声があまりにも一本調子すぎです。『僕の初恋を君に捧ぐ』では子役の評価が高かったわけなので、年齢どうこうで許せる問題でもありません。演出指導等で鑑賞に堪える台詞回しにしてほしかったですし、それが無理なら起用自体諦めるべきだったでしょう。どういう経緯で連れてきた子役か知りませんが、あまりにも酷い演技内容でした。 まるで学芸会に父親が特別参加したような酷い芝居が続き、いよいよ森へ冒険に入るクライマックスへと繋がっていくのですが、あまりのアドベンチャーぶりにびっくり。土砂崩れに巻き込まれ、まるでリポビタンDのCMに出てきそうなシーンが続きます。オオカミはありえないとかそういった次元ではないありえなさ。皆五体満足で生きているのが不思議な状態で森へ分け入っていきますが、一体何がしたいんだと当初の目的を見失ってるような演出です。“光る沼”はホタルに照らされたほのかな光か、もしくは朝陽に照らされるかだと読んでましたが、まさかライトアップしてくるとは思いませんでした。自然の不思議ですねー。 さらに不満点を挙げるなら音楽です。久石譲さんの音楽、『私は貝になりたい』でも批判させて頂きましたが、前面に出てきすぎ。とにかくことあるごとに大オーケストラの大音量で訴えかけてきて、邪魔でしかない。映画の音楽はそんなものではなく、あくまで物語をひきたてるためにあるべき存在なのに、目立ちすぎです。パワーのない物語に、パワーあふれる音楽ではどうやっても釣り合いは取れませんでした。 この時期に公開ですから冬休み市場を狙ったものと思われますが、館内にいた小学校低学年っぽい男の子は、途中で飽きてうろうろしていました。これはこれで文句言いたかったですが、この作品なら仕方ないかもと思ってしまえる程度の出来です。 大人には絶対にお勧めできませんし、子供連れの方でも『ペンギン』『ティンカーベル』『レイトン』は未見ですが、『カールじいさん』『ワンピース』の方が圧倒的にお勧めですね。こんな作品を作って満足し、舞台挨拶に主役の妻や首相の妻を招いてアピールし一儲けを狙っている制作陣に一泡吹かせるためにも、絶対に観に行かないで下さい。本年度ワースト5に入る作品です。

  • dai********

    1.0

    マリと子犬は良かったけど・・

    これはひどい映画だ いろいろが不自然すぎて、全く感情移入できなかった 子供たちがちょっと歩いてたどり着けるような近所の森に なぜオオカミがいる? とっくに大人に発見されてるはずだ なぜ母親が生きるか死ぬかの大手術を受けるのに1人にしておくんだ? ありえない 船越の大学の後輩はどこに消えた? オオカミを研究所につれていくってあんなに必死だったじゃないか なぜ追跡をやめた? とてもまずい料理を食べたような感覚だ マリと子犬の物語を見て口直しをしたくなった

  • gog********

    4.0

    狼の子供もめちゃくちゃ可愛い

     夏休み、母親が重病に倒れたこともあって北海道で獣医師として働いている父親の元に尋ねることとなった兄妹。川辺で遊んでいる時に衰弱した狼の子供を発見。狼の子供を母親の元へ返すためにホロケシ(狼の棲む処)へと向かう兄妹の姿を描くアドベンチャー映画。狼の子供もめちゃくちゃ可愛い。ラスト、母親を前にしながら兄妹の元へ戻ってきてしまうウルルの姿が切ない。

  • bab********

    4.0

    ネタバレ親子の絆 子供の成長

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kou********

    2.0

    ネタバレ船越~!!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yan********

    2.0

    アニメで作った方がよかったんね?

    サービスデイで空き時間でちょうど見れたので見てみる。 うーん、これは実写化するは日本じゃ難しいのかもと思った。 最初から最後まで二人の子役が話を引っ張って行く。ゆえにこの二人の演技によって引き込まれるかどうかが決まる訳だが、私はダメだった。 邦画の子役はなかなか優れた人にあたらない。ゆえにこれは難しいのだと思う。 女の子は可愛い子だとは思う。一生懸命やってるのもわかるが、自然な感じに見えなかった。また表情(それ自体は悪くないのだけど・・)の幅が狭い気がする。笑顔はいつも同じ顔に見えた。まだ小さいしそこまで求めては酷なのかな。 男の子の演技は割と自然に見える確率が高かった。最後の決め所でもうちょっと入ってくる演技だとよかったのだけど。 それとオオカミw。夏頃だったか「HACHI 約束の犬」と言う映画を見たが、それに比べると犬の写し方が可愛くないw。目線がこっちに欲しい時もなんかそっぽ向いたまま映してるし・・ お父さん役の船越氏、おじさん>お父さんへの推移が狙いとして見える演技だった。 深田さん、あんまり入ってくる演技じゃなかった。 大滝さんのマタギw、この人存在感ありすぎw 音楽がなんと久石さん。うーん でも、盛り上がるところはさすがにはまってるけど、コントラストが欲しい気がした。ちょっとしたシーンでも常にフルオケじゃなくてシンプルな編成の曲にしたり、それこそ曲なしで効果音だけでも良いところがあったような気がする。 たしかに自然を映した映像は美しいのだけど・・・その他で難点がありすぎ。 アニメで作った方が演技の難点もなくせるし、音楽も生かせた気がした。

  • bau********

    2.0

    子供向け

    内容がファミリーファンタジー映画で 実写ではなくてアニメの方が向いてたのでは無いだろうか? っと思える位にクサイ台詞が飛び交う・・・ 演技もなんか大げさで・・・ まぁ・・・家族で小さな子と一緒に見るには良いかもです。

1 ページ/5 ページ中