王様と私

THE KING AND I

133
王様と私
4.0

/ 188

30%
45%
21%
4%
1%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(43件)


  • yyb********

    5.0

    王様とアンナの関係の行方は

    シャム王国の王様と、王国の子供たちの家庭教師として招かれた女性アンナの交流を描くミュージカル映画。最初はややちぐはぐな関係であった二人。だんだんと情が育まれてゆく。ダンスシーンは素晴らしい。このダンスがかなりダイナミックで、踊り演じるのも大変だったのではないかと思ってしまう。ラストは感動的。

  • ymm********

    3.0

    こんなに裾の広がったドレスは見た事ない

    子供の頃に見たユルブリンナーはなぜか耳の尖った宇宙人ぽいイメージでしか捉えてなかった(CMか?劇中の役柄か?)のだが今こうやって見るととてもハンサム、元はロシア系とは驚き。 デボラ・カーの着るドレスの裾がこれでもかって言うほどふわふわに広がって素敵。 英語教師としてタイに赴任するけど、劇中のタイ人がほとんどちゃんと最初から喋れてるのは笑笑。 インドが英国に支配されたように、英語を共通語として定着させるべく徐々に支配されていく歴史的事実。 それは今の日本や韓国などを始めとするアジア諸国をはじめその他多くの国の英語教育が行われている状況から見ても、子供の頃から英語が話せることを良しとし、流暢に話せる人は、例えばアラビア語やヒンズー語を話せる人よりなぜかかっこいいと評価され、これからの長い年月をかけて徐々に欧米化され、その国々独自の衣服や家屋や文化などがもうすでに少しずつ滅亡しつつあるように徐々に侵食されていくような一抹の不安はある。そんな側面を考えさせられた映画だった

  • abu********

    3.0

    ネタバレユル・ブリンナー

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • arl********

    5.0

    ミュージカルの傑作

    美しい映像、音楽、そして麗しい俳優陣、ミュージカルとしてもかなり見応えのある映画です。 もちろん物語もとても面白いです。英国からやって来た家庭教師のアンナ先生がシャム王室の人々と触れあい、文化の違いを知っていきながら互いに理解を深め合う流れには、観るほうも次第に共感を覚えてゆくものと思います。登場人物の魅力もたっぷりです。知的で優しく温かく、さらに王に物怖じしないほど気が強い、そして美しいアンナ先生や、聡明かつ革新的であり、また王にふさわしく尊大であるにもかかわらずどこか子供っぽくて憎めないシャム王との心の交流は、観ていて心が暖かくなりました。 この映画のなかで描かれている主題のひとつには社会的、国境的価値観との違いといった重々しいものもあり、我々にも考えさせられることではありますが、しかし作品のなかでそれらに直面しながらも友情を育んでゆく登場人物たちの姿が、なんといっても魅力的です。そして、そういった繋がりにもいつかは別れが訪れることを象徴するような切ないシーンも印象的でした… 一度のみならず何度でも観たい、ミュージカルの名作です。

  • ame********

    3.0

    エトセトラ〜エトセトラ〜エトセトラ

    タイ王国(サイアム)に教師として招かれた英国女性が 封建的な王室に呆れながらも奮闘する話というところか エキゾティズムとカリカチュアライズに充ち満ちているね 日本だと蝶々夫人とかミカドとか あるいは007は二度死ぬみたいな? アンクルトムの小屋の翻案舞台がその最高潮 最後の展開も取って付けたような印象だった

  • al2********

    4.0

    王様と私

    舞台初演から王様を演じてこの映画でも強烈な存在感のユルブリンナーまさに一世一代のはまり役。 王様としての威厳、おごり、苦悩、人間らしさ、をユーモラスに演じる姿は唯一無二、彼のために作られた役といえるくらい素晴らしい。 アンナ先生役のデボラカーも生涯オスカーに何度もノミネートされながら受賞してないのが不思議なくらい。この作品でも王様に接する強さとやさしさがとても印象的な名演です。 有名なシャルウィダンスをはじめ劇中流れる数々の名曲も素晴らしいまさに名作。

  • きむらおだお

    3.0

    映画らしい映画

    豪華で楽しい。ザ.映画。 物語としてはまあベタぎみ。 欧米上から目線も感じました。 演技は良いか。オスカーの王様役が最高。 ミュージカルですが、楽曲がもうひとつ。シャルウィーダンス は良いけどね。 ま、サウンドオブミュージックやウエストサイド物語と較べてということですけど…。 歓迎会の劇は良かった。 平場の踊りはそれほどでも…。

  • つとみ

    3.0

    私と踊りませんか

    異文化交流はエンターテイメントの基本だとある人はいったが、正に王道ともいえる異文化交流作品だ。 若干、西洋文化の押し付けが強く、他文化圏の人間として、鼻につく部分はあるのだが、それは西洋の作品なので仕方ない。 本作は古いミュージカル映画だということをわかっていないと危ないだろう。 カメラはほとんど定点で舞台劇のよう。演技は仰々しくオーバーで、いわゆる芝居かかっている。 古い作品は大体どれもそんなものだ。それが味であるともいえるし、気にならないなら大丈夫。 最後に、「エトセトラ!エトセトラ!エトセトラ!」のインパクトが凄かったことだけは言っておきたい。 なんかすごく面白いシーンだった。

  • aki********

    5.0

    ◎英国の薔薇、デボラカー!

    正にその呼び名がふさわしい。 気品のある美貌、銀幕の女優。 大好きな女優のひとりです。

  • oce********

    4.0

    シャル・ウィ・ダンス♪

    原作は「アンナとシャム王」だが、キャストを変え中身を変えてと何度もリメイクされてきた。 今のとこ一番新しいバージョンはジョディ・フォスターとチョウ・ユンファだが、こちらのリメイクも絢爛豪華という華やかさの面では一歩リードしているといる。 金をかけた衣装や豪華な宮殿は見ものだが、キャストのハマり具合も相当なもの。 アンナを演じるデボラ・カーの透き通るような歌声。 そして独裁者でありながら、優雅さを持つ王を演じるユル・ブリンナーが完璧にハマり役だ。 威厳を持ちながらも徐々にアンナによって、身分の違いを厳しさ以外の部分で補おうとしていく様は見ごたえがある。 渡辺謙も舞台で演じていたが、また映画化してもいいと思う題材だ。

  • shinnshinn

    5.0

    何ちゅう事してくれはります。

    1956年の作品で、舞台は1862年のシャム(タイ)です。本作は小学生の頃、テレビで見ました。小さいブラウン管で歴史的な背景もわからぬままの鑑賞だったもので、恥ずかしながら、この映画のよさもイマイチ理解できませんでした <ユリ・ブリンナーのインパクトのみが強烈だった。主演男優賞をしっかりと獲っていたのね・笑>。 15年ぐらい前にバンコクの寺院を観光しているとき、無知な私はリップサービスのつもりで現地のガイドさんに「王様と私」っていい映画ですね、とやってしまった。すぐに微妙な空気になってしまって・・・まったく無知とは恐ろしい。何でもその女性ガイドさんがポツリポツリと説明するには、かの国では「王様と私」は上映もしくは上演は禁止らしい<発禁本の可能性もある>。理由は単純に王様を侮辱しているからとの事。そういえばタイには未だに<王族に対する>不敬罪があるらしい。この国では王様はこころから敬愛されています。 本作の時代背景は、アジアの多くの国がことごとく欧米列強の植民地に組み込まれ、タイや日本もボーっとしてたら、いいように打ち込まれた時代。やつらは、何だかんだとイチャモンをつけては自分らのテリトリーを増やす事に躍起だった。つまり関西系の組織とやり口は一緒な訳で、野蛮なのはどっちなのよ!ともいえる。とにかく、日本もタイも「ヤバイよ・ヤバイよ」の時代。そんな激動の時代を映画のモデルとなったタイの王様ラーマ4世とまだお若い皇太子ラーマ5世が、国を近代化しつつ絶妙の外交手腕で植民地化を免れるという史実がある訳で、いわばお国の英雄です。その祖国の歴史的偉人をブロードウェイは何ちゅう脚色してくれはりますねん!という話だ。 映画では王様は英国人のアンナから多くのことを学んでいますが、実際には英語の授業をしてもらっただけで、聡明なラーマ4世はすでに世界の情勢も西洋の文化も十分に理解していたよし <実際、積極的に西洋化に取り組んでいたらしく、つまり近代化の父といわれるような聡明な王様>。それを原作者のアンナがある事ない事、面白おかしく語ったものだから・・・。そしてユル・ブリンナーが神聖な国の英雄を生き生きとバカ殿みたいに演じたもんだから・・・。タイ人にとって、こりゃあ国辱ものといっていいのかもしれない。欧米人の上から目線も気に入らないのかも。 まあ、自分は日本人なので <土下座文化にもそんなに違和感はないし>、そこまで厳密に考えることもなく・・・つまり1本のミュージカル映画として観るととても素晴らしい作品です(笑)。セットや衣装の豪華さ、色使いに加えて、何といってもやはりユリ・ブリンナーの王様が秀逸(タイのかた、ゴメンナサイ)。こういう映画は日比谷映画劇場とか新宿ミラノ座とか大きなスクリーンで観たかった。 物語の終わり方は唐突ですが、未見の方には有名なミュージカルナンバーやユル・ブリンナーの大仰なお芝居、贅沢なセット撮影などなど、お楽しみください。60年代になるとミュージカル映画の撮影も屋外ロケが多用されるようになり、ミュージカル映画自体の制作が激減し衰退してゆきます。

  • 山浦国見

    4.0

    何故

    こんな面白い作品がBlu-ray化されないのでしょう? 贅沢極まりないセットで、やるのが高レベルのコント。しかも確りラブストーリーも織り込まれております。 「見たものだけを信用するなら学校はいらない。」 劇中劇アンクル・トムの小屋も最高。上手くシャム(タイ)風味とアメリカ風味を融合させる事に成功しています。 可及的速やかにBlu-ray化を望みます。

  • kyo********

    5.0

    激しすぎΣ(゚д゚lll)

    シャム(タイ)の国の王(ユル・ブリンナー)の子供たちに英語を教えるために来たイギリス女性アンナ(デボラ・カー)だったが...ミュージカル作品。 キネマ旬報映画祭で観てきました。 ダンスシーンが凄すぎる(゜д゜lll)ユル・ブリンナーは「荒野の七人」が大好きだけれども、ほぼ映画デビュー作のこの作品、既に眼力がすごい(゜ロ゜)ほぼデビューとは思えないほどの眼力。いろいろな名台詞が面白い。アカデミー主演男優賞を取ったのも納得。そして、デボラ・カーの美しく気高いこと☆彡 劇中劇のクオリティも素晴らしく。それだけで魅入っちゃいました。とってもタイの雰囲気を醸し出していておもしろかったです(=´▽`=) クライマックスのダンスシーンの激しさにも度肝を抜かれたけれど、ラストシーンの展開もまさかの結末にびっくり(゜д゜lll)最後まで飽きさせないはちゃめちゃな展開でした(*´ω`*) 一夫多妻制の国で奥方たちにそれほど気を配っていた感じもない王だったけれど、そして最後まで清らかな関係だったけれど、アンナへの対応はとっても微笑ましい(*^_^*)

  • ローラー

    4.0

    劇中劇のクォリティに驚嘆

    主人公が"Shall We Dance"に合わせて踊るシーンや音楽が有名なので知っていましたが、作品を通しで観たのは初めてでした。ほぼ60年も前の作品なんですね。 そんな昔の作品だとは思えないような絢爛豪華な映像でした。 作品の舞台となるシャム王の宮殿や、王妃王女、王子など登場人物の衣装が大変美しかったです。 映画づくりに関わる人々の仕事の丁寧さが映像から感じられました。 私が作品中一番、印象に残ったのは、劇中劇のシーンです。 「アンクルトムの小屋」をシャム風に脚色した余興のシーンですが、これが本当に見事でした。 余興という設定にしてしまうには惜しいほどにクォリティが高かったです。 シャム風の衣装や踊りの美しさ、演出の巧みさに心を奪われました。 もちろん、ユル・ブリンナー演じる王様の存在感ある演技や、 デボラ・カー演じる先生の凛とした佇まいは印象的で、二人とも、はまり役ですね。 音楽は今やスタンダードナンバーになった名曲揃いです。 王様の心の動きや葛藤が劇中にうまく盛り込まれていて、 ミュージカル作品でありながらも歌や踊りだけでない、人間ドラマ的な見せ場があるところも良かったです。特にラストに向かう部分ですね。 こういうところが今でもブロードウェイミュージカルとして上演される、色あせない魅力なのかな、と思いました。

  • ken********

    5.0

    デボラ・カー

    本作は何度もDVDやテレビで見ていますが、劇場で観るのは初めてです。 やっぱり、R.RodgersとOscar Hammerstein の作品はいいですね! オクラホマ、南太平洋、サウンド・オブ・ミュージック等々・・・ 本作では、、Getting to kwou you 、I whistle a happy tune, そして、Shall we dance? 本当に楽しめました。 残念ながら、デボラ・カーの歌がマーニ・ニクソン(ウエスト・サイド物語、マイ・フェア・レディの吹き替えで有名な人)だったこと。それで、アカデミー賞取れなかったんでしょうね。後に1992年にアカデミー名誉賞を受けましたけど・・・

  • and********

    4.0

    ネタバレ必見・タイ式アンクルトムの小屋

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mik********

    4.0

    舞台版とは別物の内容

    4年前、松平健主演の舞台版(ゆうぽうとホール)で見たことはありますが、映画版では、ちょっとヤンキーだけどハンサムな王様と、英国のひそかな女性なアンナとその子供たちの穏やか友情物語で仕上がっていたし、後半のヤマ場でもある、劇中劇の「アンクル・トムの小屋」も異国情緒な美術と、さわやかな舞踊劇でどちらにしてもすごかった、145分でした。

  • mai********

    4.0

    午前十時の映画祭

    仕事が夏季休暇に入った事。 渡辺謙さんが全編英語セリフで挑んだ初のミュージカル作品。 そして午前十時の映画祭。 この3つの要素がちょうどうまい具合に重なったために鑑賞してみました。 立場の違い。 価値観の違い。 男女の違い。 いろんな違いを乗り越えて芽生える愛情にも似た友情。 ミュージカル映画なんですけど その感情の行き違いとか交わりとかが とてもよくわかる作品でした。 ユル・ブリンナーさんが演じられた王様を渡辺謙さんが……… 存在感あってイイかもしれないなと思いつつ見ていました。

  • ydw********

    4.0

    Shall We Danceのシーン、素晴らしい!

    見たい作品だったが見る機会なくこの年まで・・・いそいそと出かける、場所はTOHOシネマズ市川コルトンプラザ。さて鑑賞・・・・、いや~いいね、見ていて楽しい映画でした。ユル・ブリンナーといえば荒野の七人ぐらいしか頭に浮かばないが、本作を見て今後は「王様と私」で記憶されることになるだろう、それぐらいインパクトがあった。強圧的で独善的ながらも憎めない人柄の国王を見事に演じていた、後で知らべたらそもそも舞台で5000回近く演じていたのだからさもありなん・・・、Shall We Danceのシーン素晴らしかったけど意外と短いのね、あと唐突なラストのシーンもおいおい・・・的な展開だったがまぁストーリー映画ではないから良しとしよう。ともあれこの機会に見れるなら劇場で見ることを進めます。

  • yuk********

    4.0

    けっこう好きなんだけれど 

    曲がなんと言っても最高に良いです。 最初に観たときには感じなかったのですが、何度となく観るたびに 欧米人の発展途上国に対する優越感満載が鼻につきます。 まず、タイ(シャム)の描き方が中途半端。 ダンスシーン日本の舞扇がでたり、アジアを十把一絡げに描写しているように見える。 ユル・ブリナーも、王としての威厳がほとんど皆無。軽薄な野蛮人であるかのように演じています。 タイ本国で禁止されているのも納得します。 アジアの文化がいかにも未開発で野蛮であるかのように描かれています。 でも、音楽は最高です。それだけでも星4つです。 今年、渡辺謙がブロードウェイで「王様」を演じましたが、youtubeの 映像クリップで判断する限り、ユル・ブリナーよりも好意的に「王様」を演じています。少なくとも渡辺KINGには、ユル・ブリナーにはない威厳と冷静さと知的な雰囲気があります。ただし英語の発音と歌は、だめですけれどね。

1 ページ/3 ページ中