2010年1月16日公開

ランブリングハート

PG121092010年1月16日公開
ランブリングハート
3.4

/ 32

22%
25%
34%
13%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

現実的な翠(臼田あさ美)は、将来性のある恋人にプロポーズされ、堅実な幸せをつかみつつある状態。そんなある日、恋に奔放な双子の妹・葵(臼田あさ美)が好きな相手を追いかけ、翠の部屋に転がり込んでくる。しかも、翠のマンションの真向かいにあるラブホテルで葵がバイトを始めたことから、事態は思わぬ方向に……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

予告編・動画

作品レビュー(20件)

かわいい22.0%コミカル16.9%楽しい16.9%笑える13.6%ロマンチック10.2%

  • OTO48

    2.0

    痛々しい

    必然性のない一人二役が痛々しい。

  • drm********

    1.0

    レビューも

    ひどいもんです。 はじめから最後まで面白くなる要素が皆無でした。 申し訳ないけどこれが面白い評価はどうでしょうか? ま、それぞれの価値観があってこその芸術でしょうから文句言ったらだめなんですけど…。 果たしてこの作品に携わった人たちが果たして面白く作ろうという気が あったのか甚だ疑問です。 そもそもかつぜつの悪い方にこんなにもNA読ませたらだめでしょ。 キスシーンとかもっとロマンチックに撮った方が良かったと思いますし、 カットのつなぎ方ももっと創意工夫できたんではないかと思います。 すべてが中途半端。時間が非常に長く感じた作品でした。

  • ワム

    3.0

    臼田あさ美の可愛さが全ての映画

    良くも悪くも、結局はイケメンが王子様という、 恋に恋する少女チックな、女性向きな恋愛映画。 この作品はそれ以上でもそれ以下でもない。 ただ、臼田あさ美の可愛さは際立っていた。 それとダイアモンド☆ユカイ、この人は、 本人に自覚があるのかどうかは定かではないが、 ホント、芸能界での立ち位置ってものを、 わきまえている人だよなぁ、つくづく思った。

  • nic********

    5.0

    恋がしたくなる!

    前に同じ監督の「LOVE HOTELS」を観ていたので、またラブホテル…と思ったけど。w 脚本がとてもよく出来ていて、重すぎないけど、どーでもいい恋愛話というより、「本当の自分をさらけ出せる相手」との恋愛を通して、本当の自分とはなにかという深いテーマもあって、映画としても楽しめました。ちょっと背中を押してくれる感じがあって、良い映画観たな~って感じ。 主人公の突っ張っちゃう感じはとても共感できる。好きだからこそ素直になれない、好きだからこそ怖がって突っ張ってしまう。本当に人を好きになったことがある人なら、その気持ちは多かれ少なかれわかると思う。双子の妹の突っ走ってしまうタイプは、こういう人知ってるって感じ。極端だけど、「いないよ、こんな人!」って感じではない。 主人公の双子を演じているのが臼田あさ美で、ほんとかわいいかった。前の「LOVE HOTELS」のサエコも超かわいいかったし、この監督は新人女優の魅力を引き出すのがうまいのかも? サブキャラたちがかなり濃くて、芸達者たちが細かく笑わせてくれました。 ロマコメのお決まり通り、相手役のイケメンがどんどんかっこよく見えてきます。www 仮面ライダーWやってる人だそうで。初めて知りました。この人も売れそう。 あと、主題歌も良かった! 宣伝文句通り、女子は、特に恋してない女子(私含む)が観ると、「恋したいな~」ってなると思う。女子力モチベーションアップにはもってこいと思います。

  • kbs********

    5.0

    ネタバレラブコメは、完全ハッピーエンドで!

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


臼田あさ美千早翠/千早葵
桐山漣南真智
大口兼悟有馬克也
斎藤洋介千早繁
阿部亮平リリー
山野海マリ
原田佳奈司会者
白石まるみ千早紀子
鈴木砂羽夏目耀子
大和田伸也滋賀邦宏

基本情報


タイトル
ランブリングハート

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日