2009年12月12日公開

ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD

1132009年12月12日公開
ONE PIECE FILM ワンピースフィルム STRONG WORLD
3.8

/ 1,233

39%
27%
20%
9%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(842件)


  • unc********

    3.0

    ブルック

    ちょいちょい突っ込むセリフが面白い。

  • hea********

    3.0

    ネタバレシキ=アーロン

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • とし

    3.0

    竹中直人の存在感

    2022年8月14日 映画 #ワンピース  フイルム #ストロングワールド ONE PIECE FILM STRONG WORLD 鑑賞 劇場版10作品目 悪魔の実の能力者で伝説の海賊金獅子のシキとの戦い ミスチルが主題歌だから作られた作品だとのことです

  • nad********

    1.0

    つまんない映画

    アーロンパークの焼き直し 敵役の金獅子海賊団に全く魅力がないどころか不快感しかない 特にシキなんてやってる事は初期のバギーと変わらない上に性格もネチネチして 一々ベイビーちゃんと気持ち悪いことこの上ない イーストブルーに執着している理由が自分が強者と認めたロジャーが生まれて死んだ海だからというのも女々しい ストーリーも胸糞悪くなるような描写が続くし 何より船員も守れずに攫われてまとめてボコボコにやられたルフィがフランキーに正論かまされて逆ギレしたり言い訳を並べたりとみっともない上にダサすぎる。

  • ポップマン

    5.0

    やっぱ2年前の方がいい!

    2年前の方がキャラデザもストーリーもいい!覇気設定からワンピースがおかしくなったよね。過去の敵キャラもクソ雑魚とか言われるようになってしまう始末。ワンピースは2年後からただのバトル漫画に成り下がっちゃったよね。強さで言えばルフィだけで海賊王になれるしな。 仲間と協力して勝つパターンが薄くなってる今から2年前のストロングワールド見るとやっぱいいね!今のワンピースは惰性で見てます!2年前返してくれ。

  • par********

    3.0

    覚悟しろ、シキ……俺たちが本隊だ!

    フィルムシリーズの1作目にあたる作品(ノ∀`)今作ボスはかの海賊王ロジャーのライバル?的な存在であり、原作のワンピースが進むにつれて全盛期時代の実力が明かされて株が上がるけど、まだ覇気を会得してないルフィに負けてるやん(笑)とよく言われ続ける可哀想なキャラです(;ω;)今更見直したけど、触れているものはふわふわの実の能力で浮かせるけど、大地のライオンと雪?のライオンはもう能力の覚醒と見てもいいんじゃね(´言`)?作中何度か場を和ませよう?とボケるシーンがあるけど……ロックス海賊団時代でもムードメーカー的な存在だったら良い~全員仲が険悪でチームワークが取れないほどの集団だし……能力的に合わないとすれば嵐も操れるビッグマムだろうな(´-ω-`)

  • tri********

    4.0

    何度も観たくなる

    もうカッコイイ 皆黒服で決まっているし 何度も何度も観たくなる あ〜また観たくなって来た

  • hik********

    4.0

    格好良ければいいんです!!

    歴代のワンピースの映画は、正直なところ、そこまで絶賛するほどの作品は少なかったのですが、これは良かったですね。 作画も力が入っており、攫われたナミを救出するというストーリーも原点回帰な感があって良かったですね。 なんと言っても最大の見せ場は、黒服に正装したルフィ達がカチコミをかけるシーン。あそこは最高に胸熱です。 どこからあんな服を持ってきたんだとか、そんな細かいことはどうでもいいんです。 格好良ければいいんです!

  • Cakewalk

    4.0

    10作目

    シャボンディではぐれるちょい前の話かな? 初めてみた時は金獅子用のテレビオリジナルエピソードも見てなかったけど、今回はそれらを見てからのだったから金獅子の凄さなどのバックグラウンドとかもわかっててみれたからなかなか楽しめた。 チョッパーの服装も可愛かった。

  • bat********

    4.0

    ネタバレこれぞワンピース!興奮と感動が止まない

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • ryo********

    5.0

    ワンピースフィルム

    で一番おもしろい作品でした。 脚本、音楽素晴らしいです。

  • ポケモントレーナーみゆき

    5.0

    興奮と感動がやまない尾田っち初監修映画!

    【これぞワンピース!世界観・キャラクター・ストーリー・キャスト・アニメーション・音楽、どれをとっても最高】 ~ポケモントレーナーみゆきは、98点の経験値をもらった!~ ワンピース映画はこれまでシリーズが多く出ていますが、実は作者の尾田栄一郎さんが書き下ろした初めての作品がこのストロングワールドです! Mr.Children(ミスターチルドレン)さんに主題歌を依頼することを聞いて、1度は断っていたシナリオ製作を引き受けたことが始まりだそうです☆ 冒頭から何が始まるのかドキドキワクワク想像させられ、終始興奮と感動が止まらない最高傑作! 原作シリーズ中のナミさんの故郷ココヤシ村のストーリーが特に好きなのですが、この映画のストーリーでも触れられて涙必須です☆ ナミさんの覚悟、仲間の強い絆に熱く感動しました☆ 強敵金獅子のシキとの最終局面で放つルフィのセリフは何度聞いても最高です! このために書き下ろしたMr.Childrenさんの歌がエンディングで流れた瞬間に鳥肌が出てしまいました! カラオケで歌う度に思い出しています☆ 観て良かったと心の底から感じられる作品! ワンピースファンの方も、これからワンピースを好きになる方も是非ご覧ください☆ ★大好きなポケモンに例えると★ トレーナー サトシ  仲間との絆を大切にしながらワクワクの冒険を一番楽しむ心が最高です♪

  • ジョアン

    5.0

    おもしろいです!

    キャラに勢いがあり、ストーリーが良い!

  • nisan

    3.0

    ワンピースの中では最高レベル

    でも、この程度。物語に対して間延び感が半端ない。ギリギリセーフって感じです。

  • ブラキオサウルス

    1.0

    話題性のみ

    キャラの勢いだけで ストーリー性ゼロでした。 こどもだまし

  • yxw********

    2.0

    子供は楽しく観てました。

    33/100点  ワンピースを読んでる、大人の私には苦痛でした。 子供向きと割り切ればまあまあ。 ちなみに子供と一緒に行って苦痛なのは (1)ポケモン→わけわからない。いつも寝てしまう。 (2)プリキュア→「・・・」 (3)スーパー戦隊→子供向けすぎて萎える。 (4)ワンピース→コレじゃない感がある。  ※しんちゃん、ドラえもん、仮面ライダーは たまに外れるが楽しめる。

  • fg9********

    5.0

    子供だけに見せるのでは、勿体ないよ!

     …2009年・劇場版第10弾  麦わら海賊団のメンバー『ルフィ』、『ゾロ』、『ウソップ』、『ナミ』、『サンジ』、『チョッパー』、『ロビン』に、前作?から『フランキー』が加わり、本作では骸骨男の『ブルック』が加わる。  『ナミ』が自分の故郷を守るために、自ら進んで悪党『金獅子のシキ(声・竹中直人)』の囚われの身になることに甘んじるが、彼女を奪還せんと、『ルフィ』以下のメンバーが殴り込みをかけるシーンは最高だったな!  本作も、直球ストレート勝負で、『信じ合うこと』、『思いやること』、『助け合うこと』等の『仲間』の大事さを満喫できる内容だった。  『ビリー』というアヒルのようなカモのような鳥が出てきて、何とこの鳥は相手に電流を流し込むことができるのだが、本作では主役級の活躍で何とも愛らしい。  エンディング曲もミスチルの歌で、軽快、爽快、清々しさで一杯だった。  子供だけに見せるのでは、勿体ないよ!

  • SAKI

    3.0

    正装に着替えてる時を想像していとをかし

    敵のクズさ加減にうんざりした。見た目もひどい。 ていうかたまには二枚目の敵をだしたらどうだね。どいつもこいつもむさくるしい噛ませ犬にしかみえんのだ。 どうせルフィが倒すしなー、なんだかオラ眠くなってきただ、ていうのを覆して欲しい。 全員がものすごいコンビネーションでようやく倒せる相手とかね、 それにしてもナミさんのバストが最高級に揺れ、艶やかで、大ボリュームでした。完全にナミとロビンのバスト目当てです。ありがとうございます。 ロビンのポニーテール、ニットワンピとかすごくかわいかったなー。あんなゆるふわセクシー系もお召しになるのですね。

  • xyx********

    3.0

    0巻商法の衝撃

    ワンピースのアニメの在り方を、そしてある意味で映画業界を変えてしまったと言える作品です。 劇場版ワンピースシリーズは、この作品以前は毎年客入りが減っていくジリ貧状態で一旦シリーズを休止することも検討される危機に陥っていました。 そこで東映は原作者の尾田栄一郎を製作総指揮に迎えたことと「0巻」なる入場者特典で原作漫画ファンにアピールする手に出ました。 0巻というのは映画の設定資料集と過去編の読み切りが載っている小冊子で(個人的には)さほど大した物ではなかったのですが、なにせワンピースは日本で一番売れている漫画。単行本のコレクションに加えたいと思った人は多く、今までアニメを観たことがなかった原作ファンもこぞって足を運び各地の映画館で大行列が発生し転売屋によって0巻がヤフオクに出回るなどちょっとしたお祭り騒ぎになりました。 上映当時にジャンプ本誌の原作本編が最強クラスのキャラが集結して一大決戦を繰り広げる「頂上戦争編」に入っていて過去最高の盛り上がりを見せていたのも重なって大人も巻き込んだ第2次ワンピースブームが到来します。 結果的にこの映画の興行成績は48億。前作の「エピソードオブチョッパープラス」の9億から5倍以上もはね上がったことになります。 映画の内容が5倍面白くなったのかというと正直そんなことは・・。いたっていつも通りのワンピースです。 ただし「原作における」いつも通りであるということがミソ。それまでの劇場版はルーチンワークの番外編に過ぎない緩い作りばかりでしたが、この映画はさすが原作者が監修しているだけあって原作本編そのもののような気迫が伝わってきます。尾田先生が映画スタッフ一人一人に子供の頃に好きだった・ワクワクしたものは何かと質問をして、その答えを聞いたうえで最終的な原案を作り上げたんだとか。 映画本編を観れば先生の質問に対するスタッフ各々の答えがなんとなくわかるような気がします。 空を浮かぶ島や巨大モンスターが現れるRPGゲームのような世界。 銃をぶっ放しまくって殴り込みをかける任侠映画のノリ。 オヤジギャグと漫才。そして水着のボインの美女(笑) 童心を刺激し退屈させない冒険少年漫画活劇となっています。ちなみに初期の原案ではナミの衝撃的な過去をめぐる大人向けの感動物語だったそうです。 ・・観てみたい!いつかそのアイデアも形にして世に出してほしいですね。 とにもかくにも幸か不幸か特典商法の凄まじい効果を知ってしまった映画業界。 今や子供向けだろうとオタク向けだろうとアニメ映画で入場者特典は当たり前になり、週ごとに特典が変わるえげつない攻勢で数字を伸ばすのもお馴染みの風物詩となってしまいました。挙句の果てには一部のハリウッド洋画まで特典商法を始める始末。トム・クルーズの映画を観に行って香水をもらった時はどうしようかと思ったぞ(笑) この映画が罪作りなのはそれだけではなく、原作者が監修ということも大きく売りになるとわかったので他のジャンプアニメ劇場版も先生が週刊連載の合間に映画にかかわる例が増えていくことになった点にもあります。掛け持ちの激務をこなすはめになった先生方には頭が下がるばかりです。 実際、この映画をきっかけに国民的レベルまで拡大してしまったワンピースの人気が尾田先生及び製作陣に与えるプレッシャーは半端ではないはず。 ゴールデンタイムに2時間スペシャルで何度も進出するTVアニメ。 増刷されまくってギネス記録を更新する単行本。 うんざりするぐらいあちこちで見かけるコラボ宣伝。 それらが負担になっているのか最近原作の連載の休載が増えてきているし、TVアニメの作画レベルがなんだか微妙なままだし不安が募るばかりです。 あくまで子供向けのアニメの範疇で地味にやっていた懐かしいあの頃にはもう戻れなくてちょっと寂しい・・。 いつになるかはわからないけれどどうか無事に完結しますように!

  • 5.0

    最高にかっこいい麦わらの一味が見られる!

    シキと戦うシーンのルフィ率いる麦わらの一味の衣装その他装飾がとてもカッコ良く、その他のデザインもとてもお洒落なものが多い。 オープニングも爽快で引き込まれます。

1 ページ/43 ページ中