ここから本文です

今日からヒットマン (2009)

監督
横井健司
  • みたいムービー 24
  • みたログ 30

3.07 / 評価:15件

営業マンVSヒットマン

  • 諸星大五郎 さん
  • 2009年9月27日 1時29分
  • 閲覧数 384
  • 役立ち度 32
    • 総合評価
    • ★★★★★

 三池崇史監督をはじめ、多くの映画で助監督をきっちり勤め
いわば、現場たたき上げの横井健司監督。

 結構無理な設定、しかも、かなりな低予算という悪条件の中
正攻法で、スピーディーなアクション映画に
まとめてきた仕事っぷり、お見事と思いました。

 主人公は、新婚1年目の食品会社の営業マン「十吉」
ひょんなことから、事件に巻き込まれ
殺し屋にならなければ、愛妻を殺されてしまうという運命に…

 こういう「巻き込まれ型ストーリー」は、手をかえ品をかえ
テレビやVシネでは、飽きるほど製作されてきているわけですが
本作、ひねりが効いているのは、才の利くサラリーマンが
プロのヒットマンに、日本の会社員のお家芸たる「創意工夫」という奴で
戦闘を挑むという展開。
これが案外、サラリーマン家業の我が身にはカタルシスでした。
  
 テレビ局映画がよくやるように、手ぬるいカメラワークで
画をごまかすようなことをせず
きっちりショットを繋いで映画してくるあたりにも
映画屋が作る「映画」の意地を感じて好感。

 営業マン稲葉十吉を演ずる武田真治さん。
二枚目なんだけど、どことなくひょうきんな彼の存在感が
突然の災難に見舞われるサラリーマンに、妙にハマッています。
 ハードなアクション場面もある映画ながら
終始軽やかな武田さんに、ヨメが大喜びでした。

☆1つは主演の武田真治さんへ。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • 勇敢
  • セクシー
  • かっこいい
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ