TO(トゥー)
4.0

/ 83

42%
34%
10%
6%
8%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

解説:allcinema(外部リンク)

作品レビュー(16件)

かっこいい21.4%ロマンチック14.3%スペクタクル14.3%知的9.5%ファンタジー7.1%

  • ひゅう助

    4.0

    驚きとメッセージ性と何とも言えない気持ち

    TO「楕円軌道」と「共生惑星」。それぞれ時間は40分程度。時間は短かったけど、どちらも「言いたいことは言った」感があり、とりあえず満足はできました。 まずは「楕円」から。 惑星からの物資運搬の中継地点に勤務するダン。今日もどこかからの船の帰還を待っていた。そんなある日、15年前に飛び立ったフライング・ダッチマン号が帰ってきて、その中にマリアがいた・・・。 これのネタバレは厳禁ですね。なにも知らずに見てた自分は「えっ!!」とビックラこいた。結構予想できそうな「真相」でしたが、ミスリードされました。 それまでのアクションがしょぼかったから(ちょっとは回り込めよ)、ラストでちょっと巻き返しましたね。 次に「共生惑星」。 地球を「喰い尽した」人類は、他の惑星に植民地を探していた。そしてクラゲ型の生物がいる、人類が住めそうな惑星を発見する。その過程で出会ったイオンとアリーナは敵対国同士だが、恋人でもあった。そんなある日、・・・。 こちらは純粋にメッセージ重視。「お前らは、地球を生かしてる支配者と勘違いしてないか?」または「俺(地球)を気にする前に、お前らが変われよ」です。 まあ言ってもしょうがないことですが、たまに見る人に再確認させるのは大事ですよね。 で、この両方どちらの作品にも感じたことが「なんとも言えない気持ち(感じ)」。 「なんも言えねえ(北島風)」みたいな感極まった意味じゃなく、「そらそうだけど、言ってもしょうがない」というあきらめ。答えはあるのに、答えても意味がない、みたいな。そういう風に感じました。 鑑賞後「スッキリした~!」という感じはないですが、ある程度満足はできるし、時間も短いので興味があればご賞味あれ。 ☆4つ。

  • tak********

    2.0

    なぜ2本に分けた

    こんなつまらん作品を2本に分ける意味が解らない。

  • ore********

    5.0

    星野ファンとしては嬉しい作品

    タイトルが『2001夜物語』であれば気がついたんだけど、 この作品の原作が星野さんのそれだったとは。 久々に面白いアニメだった。映像もものすごく綺麗だった。 これくらいのクオリティーで映像化されるのであれば ぜひ他のエピソードもお願いしたいものです。

  • ari********

    5.0

    星野之宣はいいね

    『2001夜物語』は昔夢中になって読みました。 最近この映像作品を知ったのですが、星野節が きちんと効いていて楽しく観れました。CG技術の 進歩で日本の作品でもここまで綺麗な映像で見れ るんですね。他のエピソードもぜひこのクオリティー で観たいです。

  • rok********

    5.0

    実写のような感覚

    ベクシルを見たので勢いでこれも見てみた。 まったく異なるテイストだけどこれはこれでよかった。 ベクシル並みの激しいアクションを期待すると かなり物足りないが、ストーリー作品としては なかなかレベルが高くて良かった。 この実写映画のようなCGアニメシリーズは はまると心地いいね。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


朴路美マリア
福山潤イオン
平野綾アリーナ

基本情報


タイトル
TO(トゥー)

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日
-