2009年10月28日公開

マイケル・ジャクソン THIS IS IT

THIS IS IT

1112009年10月28日公開
マイケル・ジャクソン THIS IS IT
4.5

/ 3,746

73%
14%
7%
3%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(2,943件)


  • bpp********

    5.0

    映画?否!This isマイケル・ジャクソン!!

    この映画が作られた理由は只1つ、ラストコンサートが公演直前でマイケルが死亡してしまって幻になってしまった事。それを幻として終わらせるのではなくファンに届ける事を目的とした映像集なのである。 だからあくまで公演という形を崩していないためその曲順であったであろう一曲一曲のリハーサルを編集で見せて行く内容で物語の起承転結は無い。 じゃあファン以外喜ばない内容なのかと言われればそれは否!音楽やダンス好きなら如何にマイケルが凄いか解る言動と行動が見れる。リズムを変える、音の強弱、見せ方、キメのポーズや曲の締め、客の目を楽しませようとするダンス演出。このリハーサル映像見た音楽好きな人ならマイケルのリズム感に驚く事間違いなし。間違いなく只のアイドルでは無かったと解るだろう。只惜しむらくは決して音響が良くないしマイケルか本気で歌ってる曲も少ないし、映画にする前提ではないカメリハの映像を使っているのでスクリーンで見ても物足りなさがある。 この映画には物語を盛り上げる為の上で重要な演出はなし。 何故か? 映画を超えた存在がマイケル・ジャクソンなのである!それを超える映像演出なんてな必要がないエンターティナー。

  • kgm********

    5.0

    凄いとしかいいようがない

    生前はさして関心がなかったが、これを観てマイケルジャクソンが世界的な人気を集めていることに納得。 歌唱力、ダンス、表現力、どれも凄い!

  • hik********

    1.0

    論外としか言いようが無い。

    延々とリハーサルだけを見させられる。一体これの何が良いのでしょうか。 実際のMVの動画を見た方が100倍は有意義です。 マイケル・ジャクソンに興味がない私にとっては苦行でしかありませんでした。しかもこんな内容で111分は長尺すぎます。 そもそも、いちドキュメンタリー作品として成立しているかどうかも怪しいです。 評価云々に値しません。論外です。

  • col********

    5.0

    53歳にして

    時代的にはマイケルとタイムリーですが 変な人みたいな印象しかなく 洋楽は聞いていましたが 好んで聞くことがなかったのですが コロナでNetflixに入ってthis is itを見て この人、人間なんやーって感じから入って50過ぎから見た マイケルは才能に溢れ、繊細で、熱心で、 当たり前ですが人に愛され… そして愛したくなる才能溢れる人でした… まだまだどんな人かは私には分かりません でも尊敬され、周りの方はそんな彼に憧れ 近づいても、期待裏切ることなく 拍手してしまう人だったのかなーと想像します 2022年、遅いですが 色んなマイケルをぼちぼち探して行きます…

  • lit********

    5.0

    帝王の最期

    マイケル・ジャクソンを全く知らずに観た映画。 インタビューに応じたスタッフ、ダンサー皆が彼に憧れて、彼の再来を待ち焦がれて、端々に流れる彼の姿は確かに輝いて……その全てが幻になってしまった。 とても切ない作品でした。

  • てつ

    5.0

    MJ IS BEST

    このMovieを映画としてカウントして良いのか今でも迷いがあるが、彼が亡くなって半年経つか経たない頃に公開したと記憶している。 劇場で観た時涙が止めどなく流れた。 彼の音楽が私の生活に大きく影響している事を何気なく感じるようになった35年前から彼の年齢を超えて約5年・・ MJが後少しの間生命を与えられていたらこのステージをLIVEで見る事が出来たかもしれないと思うと本当に残念で悔しさと悲しさを抑えることが出来なかった・・・ 彼の命日は6月25日、今でも速報がTVで流れて来たことを思い出す。

  • chk********

    5.0

    ネタバレ素敵な作品

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • nak********

    4.0

    マイケルジャクソン好きな人向け

    ロンドン公演のリハーサル映像のドキュメンタリーなので 亡くなった直前の様子が見れる映画

  • シネマバカ一代。

    3.0

    ドキュメンタリー映画。

    マイケル・ジャクソンがどう歌うと美しく見えるか、立ち位置にこだわる。見せ方にこだわる。『どうだ、俺かっこいいだろ』なんだけど、緻密な感じは良かったです。 ただ、ドキュメンタリー映画なので、彼が好きな人向けでしょう。私は映像で見るより彼の曲を好んで聴きたい。

  • aco********

    2.0

    愛は地球を救う

    これは完全に、映画館で観る作品だろうな、と思う。 キング・オブ・ポップ、ということで、一度は見ておこう、と思って。 ファンは感涙ものだと思うが、そうでもない者としては、冒頭と後半がちょっとキツイ。 何をどうやったらウケるか分かってる者と、それを賛美する人たち…、という画が気持ち悪いし、愛だの自然/地球だの、ふわふわしたことを言ってるなぁ、と。 逆によかったところは、中盤、マイケルのサウンド面へのこだわりが見える点と、人間味が見える点。この人、ナイーブな人なんだなぁ、と思う。 (人への接し方も謙虚なのだが、しかしこういう人に限って、突然堰を切ったように錯乱し出したりするんだよなぁ、とも…)。 ジャクソン5の曲をやっている姿には、彼の個人史も想像させるものがありグッとくる。

  • izq********

    5.0

    ネタバレMJの衝撃の死と一斉風靡した時代を思い出す

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • エルサ

    1.0

    完全な替え玉

    あの、これマイケルジャクソンじゃないですまず。マイケルは耳の軟骨を鼻に移植していたため、まず晩年は耳を絶対に見せていませんが、これは耳を見せまくっています。 次にヘアースタイルもデンジャラスの頃のままです。 晩年のマイケルは耳がまったく見えない髪型です そして、家族のほぼ全員がマイケル本人ではない発言です で、替え玉整形だらけの偽物マイケルだらけの世の中で、こんな元気なわけないでしょ?マイケルがこの時期。 エルトンジョンいわく、マイケルは2000年代は完全に狂人だった精神を患っていたですよ? それとリハーサルをこんなにも録画しないです マイケルは毎日リハーサルには来ない、気が向いた時しか来ないため。 1つの結論を出します マイケルの死で110万枚のチケットの代金が保証された、さらに保証されたにも関わらず、チケットの払い戻しをする人はほぼいなかった、 つまり興行主は2倍儲けています さらにマイケルを殺した医師も興行主が雇った借金だらけの人です そして一番わかりやすいのが、マイケルは10公演としていたのに興行主は勝手に50公演にしています 初めから殺される予定調和で金稼ぎ用の狂人だったわけで、 そなため、替え玉は元気に死後の稼ぎのためにリハーサルをしています これに出てくる本物のマイケルはほんの少しだけで、ほぼ90%以上は替え玉の悪意に満ちた汚い偽善映画です

  • ter********

    5.0

    10年以上経った今でも記憶に残る名作品です

    ちょっとしたことですが、 2010年12/24(金)に日本テレビで放送された金曜ロードショーの4時間スペシャルを録画しており、DVDにダビングしてて、それを今回久しぶりに見ました。 不謹慎ではありますが当時、マイケル・ジャクソンの逝去によりマイケルに興味を持ち、『THIS IS IT』をリアルタイムで映画館に観に行ってとても感銘を受けてました。 『THIS IS IT』のアルバムも買い、他にもマイケル・ジャクソンのアルバムを沢山買って何度も聴きました。 それから10年以上経ちました。 やはり本作品はとても好きです。 世界中のマイケル・ジャクソンが好きな方々の思いが詰まった作品だと思います。 映画館で観た当時私は19歳で、今は31歳になりましたが、本作品を見るとあの当時のキラキラした気持ちを少し思い出して懐かしく思います。 なにより、音楽を楽しめる良い作品だなと改めて思いました。 私にとって、10年以上経った今でも記憶に残る名作品です。私の人生で観て良かったと思える作品です。

  • beautiful_japan_

    5.0

    マイケル・ジャクソンのファンタジーな世界

    マイケルのダンスは、振り付けというより、自然に体が表現してしまうという感じ。声も踊りもキレがある。 みんなで指を鳴らす場面は『ウェストサイドストーリー』に似ているなって思っていたら、有名な決闘シーンが出てきた。マイケルはこのミュージカル映画が好きだったのかな。“スリラー”のMVやこのコンサートもミュージカルって感じだな。 マイケルはKING OF POPと言われるけど、ステージの姿を見ていると神に見えてくる。 われわれにはコンサートにしか見えないが、マイケルにとって音楽とダンスの世界はファンタジーであり、彼にはファンタジーの方が実感があったのかも知れない。現実とファンタジーの境目がなくなって、心と体の調和がとれなくなっちゃったのかな。 オーディションを通った人たちの喜ぶ姿を見ると、ロンドン公演の開始直前にマイケルが急死したとき、彼らはすごいショックを受けたと思う。最後の方で流れる“Heal the World”は、マイケルの死に傷ついたひとたちへの慰めの歌になってしまった。 本当に惜しい人をなくした。つくづく残念に思う。

  • hcj********

    5.0

    マイケルは別格

    BSでやってたので何回目かは忘れたがまた観た。 この映画を観るとマイケルの可哀想な人生のほうが頭をよぎる。 子供の頃から芸能界で本当にご苦労様と毎回思う。 私が受験勉強していた頃、ラジオで最初にジャクソン5のABCを聴いた時は子供とは思えない歌唱力に度肝を抜かれた。 日本でのコンサートもやっとチケットを手に入れて2回行ったのがいい思い出。 精神的にも肉体的にも大変で薬に頼ったのだろうが、変なドクターも含めて本当に気の毒だ。しかしマイケルほどみんなの心に残る歌手はいないだろうから天国で幸せに暮らしてねとこの映画を観るとそれも思う。 それにしてもマイケルカッコいいなあ。

  • ててさん

    5.0

    娘と繰り返し見ています

    高校生の娘にせがまれて、時々思い出しては一緒に鑑賞しています。 思い返せば私も高校時代、マイケルのMVを繰り返し見ていたものです。 時代が変わってもマイケルの魅力は色褪せません。 彼から親子でパワーを貰っています。 見終わると「また一緒に見ようね!」が娘との合言葉になっています。

  • yos********

    5.0

    ネタバレ天才の孤独、完璧な音楽!!熱い!!!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • mov

    4.0

    本物

    マイケルジャクソンは偉大な本物のスーパースターだよねと改めて。

  • おもち

    5.0

    凄い。

    ファンではないですが一度みてみたかった作品。 キング・オブ・ポップ 改めてその通りだと思った作品でした。

  • ひろひろ

    3.0

    マイケルもいいが

    オリアンティを思わず目で追ってしまった。

1 ページ/148 ページ中