ここから本文です

きみがぼくを見つけた日 (2009)

THE TIME TRAVELER'S WIFE

監督
ロベルト・シュヴェンケ
  • みたいムービー 533
  • みたログ 2,081

3.67 / 評価:916件

コロコロ変わる展開に

  • jea***** さん
  • 2019年8月8日 22時04分
  • 閲覧数 912
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

金曜日や土曜日の夜に映画を落ちついて観たい人にはコロコロ変わる展開のこの作品は不向きかもしれない。

とにかく現実ではまずありえない時空を旅する話。でもその未知さ加減が私はとても面白かった。
待つのと待たせてるの 何方がより辛いだろう と考えしまう映画だった。
ラストで 待つだけの人生は送らないで の言葉に率直に思った事は いやお前のせいだろ! でした。

1番感動したのは、
得体の知れない裸に毛布なおじさんを信じて誰にも告げず黙っていた少女の清らかさと秘密厳守なところ。
私ならペラペラ喋ります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ロマンチック
  • 不思議
  • 不気味
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ