ブレーキ
2.5

/ 11

9%
18%
27%
9%
36%
作品情報上映スケジュールレビュー

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(5件)

不気味28.6%パニック14.3%不思議14.3%セクシー7.1%勇敢7.1%

  • woo********

    3.0

    不思議

    とにかく不思議な映画でした。写真集を持っている、谷桃子の名前につられて行ったのですが、彼女がいつも観ているグラビアアイドルとは思えないくらいに、迫力があり驚きました。新しいタイプの低予算邦画としては、十分に観る意味はあると思いました。 カーアクションは、邦画としては、及第点だと評価します。少なくとも、テレビのドラマでは見れないレベルでした。

  • mot********

    3.0

    ネタバレ楽しめたぞ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • too********

    4.0

    ネタバレ原作も読んだ

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • tal********

    4.0

    谷マニア

    谷桃子ちゃんが輝いていた。なんと言っても彼女のための映画だと思う。映像もきれいだった。 こういう気軽に楽しめる邦画がもっとあればよいと思う。

  • sav********

    1.0

    だれか制作自体にブレーキかけてあげようよ

    監督:大鶴義丹 撮影監督:桐島ローランド 『わたしの中の8ミリ』 単館でしたが、★4つをつけた作品と同じタッグ。 ホラー系。 大変苦手な分野なのですが、 同タッグの魅力には打ち勝てず、 劇場へと足を運んでしまいました。 映画館へ着くと、 前回の舞台挨拶を終えた、 大鶴義丹監督が関係者と談笑していました。 どう見ても、監督にみえない。 『行列のできる法律事務所』のイメージが 強すぎて、俳優でもなく、バラエティタレントにしか見えない。 そして、マルシアの影が、ちらついて見えてしまう。それは、私だけでしょうか(苦笑) ☆彡     ☆彡 う~ん、前売券、買いそびれて 久々に、1800円払ってみたけど、 久々に、お金をどぶに捨てた感覚を味わったな(苦笑) 怒りじゃなくて、 苦笑いなのがポイント。 なんじゃこりゃ? 究極の作品に出会ったとき、 怒りは浮かびませんからね。むしろ浮かぶのはあきれ果てた苦笑い。 ホラー文庫が原作だそうですが、 まず、ホラーなのに全然怖くない。 カーチェイスの映像も、 一昔前の仮面ライダーとショッカーのようで迫力に欠ける。 究極は ラスト前の種明かしと ラストのオチ。前半の ネタフリからして、あの終わりかたしかありませんからね。 まさに、なんじゃそりゃ?と口をあんぐりあけながら苦笑いするほかありませんでした。 ◇   ◇ 音楽は、やたらによかったです。 HIP HOPっていうのかな、 LISAがいた頃のm-floみたいで、 好みにピッタリでした。しかも、シーンを上手く盛り上げていました。 あと、 映像というより、撮影地かな。 どこで撮ったのかわかりませんが、 よく撮影許可がおりたなと感心しました。 先に チープだったというようなことを書きましたが、 チープなんですけど、フルスモークの車をナンバープレート外して、 走らせたり、けっこう無茶やっています。しかも横転させたりもしています。 まぁ、バイクのライダーに 日本刀を持たせるのは、どうよ。 B級感を全開にしたかったのかよ、なんて突っ込みも入れたくなりましたが(苦笑) ◇   ◇ これ日中にやっちゃいかんでしょ。レイトでしょ。 ベットシーン含め エロチックなシーンが多いんです。 谷桃子さん。 『さんま御殿』で一度だけ 見たことがあるのですが、たしかグラビアアイドルのはず。 スタイルいいですね。 しかも健康的じゃなく、艶美的な雰囲気が漂う。 ファンにとったらたまらないでしょう。 見えそうで見えない。絶妙な露出シーン大サービス。 キスシーン。 あれ監督の演出でしょうか。 またカメラワークも上手いんです。 唇の動き、唇の重ね合わせかた。 もし役者にフリーハンドでやらせて、 あの動きをしたのなら、相当な器です。 役になりきっている、立派な証拠ですから。 ☆彡     ☆彡 作品無茶苦茶で お金をどぶに捨てたといいながらも、 なぜか印象に残るシーンが多い。なんでだろ?? これも大鶴&桐島マジックか(苦笑) 谷桃子さんファンには、 自信を持って御推奨いたします(笑顔)

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
ブレーキ

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日
-