2009年10月31日公開

谷中暮色

1072009年10月31日公開
谷中暮色
2.7

/ 6

17%
0%
33%
33%
17%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

東京の下町、谷中で古いホームムービーの保存活動をしているかおり(佐藤麻優)は、1957年に焼失した谷中五重塔の炎上を記録した8ミリフィルムの存在を知る。霊園の墓守、伝統工芸の職人、郷土史家ら、さまざまな人に取材を試みながら幻のフィルムを追う中、かおりは地元の青年・久喜(野村勇貴)と出会い、恋に落ちるが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(1件)

不思議100.0%

  • sav********

    2.0

    鑑賞前にリーフレットを良く読むべし!!

    メンズデー2本連続鑑賞の1作品目。 『愛のむきだし』が 国際批評家連盟賞& ガリガリ映画賞のW受賞をした 2009年ベルリン国際映画祭。 今作、その映画祭にて ワールドプレミア上映をされた。 そんな情報をリーフレットで読み、 モーニングショーに駆けつけてしまいました。 しかし、この時点では、宣伝文句に踊らされ、 リーフレットを詳しく読まなかったがために、 悲劇が起こることなど知る由もありませんでした。。。 ★彡     ★彡 なんじゃ、こりゃ? これベルリン国際映画祭で上映しちゃダメでしょ。 鑑賞後、 リーフレットを手にし詳しく読むと、 「若者たちの恋物語と幸田露伴『五重塔』の 世界が融合したドキュ・フィクション下町の記憶がここにある。」 こうハッキリと字体だけでなく、色まで変えて記載されていました。 う~ん、すみません。わたし、そんなの全く視界に入っていませんでした。 それを事前に知っていたら、 ここまでイライラはしませんでした。  ↓   ↓ フィクションなのか、 ドキュメンタリーなのか、 はっきりしてよ!どちらかに 寄せきったほうが絶対いいよ!! 映像白黒なのかカラーなのかハッキリしてよ! 時々挿入されるカラーの意図、よくわかんないよ!! 登場人物 実在の人とプロの役者混ぜないでよ! プロの役者になった途端に滑舌がよくなって、 違和感がありまくりで気持ち悪いんですけど!! 隣に座ったおばさん3人組の 上映中にしゃべり続けるマナーの悪さも手伝って、 前半から怒りっぱなし。前半感情の動きをハイペースで 飛ばしすぎたのか、作品が落ち着いた中盤に、ガス欠が 如く、急激に猛烈な睡魔に襲われてしまいました(苦笑) ◇   ◇ リーフレットを読むと、 若者の恋物語のフィクション性。 放火で消失されたとされる谷中、 五重塔再建を巡るドキュメント性。 この融合が高く評価されたそうです。 率直な感想を記すと、 ドキュメント性のほうが強くて フィクション性は邪魔に感じました。 だから、終盤に映し出される。 五重塔が燃えるシーンも感情が 圧倒されるより前に、CGバレバレじゃん! スーッと引いてしまう自分が、そこにいました。 先に触れた 白黒とカラーの使い分けも、 監督の意図は明確に伝わらず、 こちらも邪魔にしか感じませんでした。 もっとも、これこそが、映像芸術なのかもしれませんが。。。 ★彡     ★彡 東京都内に 五重塔が建っていた史実を 初めて知ったこと。これは勉強になりました。 舞台が東京下町ですので、 そちらに関心のあるかた、 江戸時代に興味のあるかたなら、 もっともっと楽しめるのかもしれません。 私には、残念ながら、フィットしませんでした・・・。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
谷中暮色

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日