悪魔のコード

DIE JAGD NACH DEM SCHATZ DER NIBELUNGEN/THE CHARLEMAGNE CODE

118
悪魔のコード
4.0

/ 1

0%
100%
0%
0%
0%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1件)

楽しい50.0%知的50.0%

  • めもあある

    4.0

    最後まで楽しめました

    例によって、捏造系のタイトルと予告編。中身がいいだけにもったいない感じ。タイトルはどうみても「ダヴィンチ・コード」+「天使と悪魔」を足して2で割ったとしか思えないもので、予告編に至っては堂々と“ダヴィンチ・コード、天使と悪魔に続く新作”と謳っている始末(新作であって続編と言ってないところがミソ)。これらは開き直りというのか、いわゆる確信犯と言えよう。 でも、それらを無視して普通の作品として扱えば、最後まで飽きずに観る事が出来るなかなかの秀作だと感じるはずだ。 原題(ドイツ語)を直訳すれば「ニーベルンゲンの宝を探せ」となるだろうか。悪魔や宗教絡みというより、単純なトレジャーハンティング物である。確かに大聖堂などそれっぽいロケーションがあるものの宗教家が絡んでくるわけでもない。ストーリーは一本道で先が読めるが、別にそれが悪いというわけではなく、水戸黄門の如く安心して観られるというメリットになっている。 「ナショナル・トレジャー」と同じように、主人公たちは長年多くの考古学者達を悩ませて来た歴史的な謎をいとも簡単に解いていく。しかも、詰まりそうになると必ず“お助け役”が登場する。さらに複数の伏線が張られているようで、でもその伏線であるはずのシーンを見た瞬間にその先がある程度読めてしまうという単純さ。確かにTV映画だけあって、お茶の間で観る人への分かりやすさがメインとなっている。それはそれで良いと思う。 また、B級予算であるため、CGの使用は最小限に抑えられているのも却って安っぽさを感じさせない結果となっている。逆に、低予算の中でスケール感を出すために、自然の持つ雄大さをうまく利用している。ドイツ人は頭がいい。 ということで、Z級テイスト漂うパッケージングから飛び出した秀作と言えると思う。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
悪魔のコード

原題
DIE JAGD NACH DEM SCHATZ DER NIBELUNGEN/THE CHARLEMAGNE CODE

上映時間

製作国
ドイツ

製作年度

公開日
-