ここから本文です

ラブリーボーン (2009)

THE LOVELY BONES

監督
ピーター・ジャクソン
  • みたいムービー 867
  • みたログ 3,319

3.16 / 評価:1593件

もやもや

  • nj80716 さん
  • 2018年6月23日 0時02分
  • 閲覧数 1410
  • 役立ち度 0
    • 総合評価
    • ★★★★★

期待して観たらもやもやしたまま終わった
最近のスカッとブームからは一線引いた視点から観た物語
復讐ものでもサスペンスでもないけど、犯人の誘いに乗ってしまい、逃げなきゃやばいと気づいた時のシーンはリアリティがあってトラウマになるくらい恐怖を感じる
犯人の息遣いや怖さは演技とはわかってても臨場感があってどんなホラーより恐怖
生きてる人間が一番怖いとは言うがこのおじさんはほんとに不気味

天国のシーンはファンタジックでどこまでも綺麗で苦痛のない世界に描かれている
他の被害者たちも主人公も無垢な子供のままであり、復讐心にかられ悪霊になるということもない
主人公は残していく家族の幸せを願い好きな人を想いながら綺麗な存在のまま、苦痛のない世界に旅立っていく
これは大切な人と早すぎる別れを経験した人への救いの物語であり、スーザン視点だけど描かれているのは残された家族の再生の話
そう思って見れば、やはりスーザンが最後にレイに想いを伝えて旅立てたのは、この世の最後に恐怖や憎しみではなく愛情を感じて行けたということは魂が救われたという話なのかもしれない
犯人なぞにこの子の美しい魂は汚されなかったと、そういう話なんだと思う

でも、それでもやはり、意図的に省かれた凄惨な場面がそこにあったと想像させる演出があり、あまりに辛い
犯人と事件の顛末には納得できないし、もしかしたらあのあと何人か犠牲が出ていたかもしれないと思うと後味が悪い
綺麗な天国があるのなら対となる地獄もあるのかもしれないけど、それは描かれていなかった

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • ファンタジー
  • 恐怖
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ