ここから本文です

ラブリーボーン (2009)

THE LOVELY BONES

監督
ピーター・ジャクソン
  • みたいムービー 867
  • みたログ 3,321

3.16 / 評価:1595件

哀しく激しい描写もあるがテーマは家族愛

  • bat***** さん
  • 2018年9月5日 22時10分
  • 閲覧数 922
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

理不尽に殺された主人公たち。

苦しみ続ける家族や周りの人々をあざ笑うかのように、犯人は反省することも捕まることもなく、すぐ側で、なにひとつ変わらない生活を続けていく・・・

映画としてはもっと救いのある結末を期待する気持ちもわかりますが、そうでない展開が逆によかった。ラストは救いがないわけではなかった。

世の中は理不尽で残酷で、それでも人は死ぬほど辛い出来事もいつしか受け入れて、忘れながら生きていくのだということを考えさせられる作品でした。


天国があればこんな感じだろうと思えるほど、美しい描写だった。

死んだ者から生きている者へ、必死に叫び、伝えようとしても届かないメッセージ。死後の世界と現実世界がリンクしているのも、切なかった。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 不思議
  • パニック
  • 不気味
  • 恐怖
  • 勇敢
  • 絶望的
  • 切ない
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ