ここから本文です

ラブリーボーン (2009)

THE LOVELY BONES

監督
ピーター・ジャクソン
  • みたいムービー 867
  • みたログ 3,321

3.16 / 評価:1595件

家族の愛と、死して成長する女の子の物語

  • tat******** さん
  • 2018年9月9日 22時07分
  • 閲覧数 1373
  • 役立ち度 3
    • 総合評価
    • ★★★★★

ベスト3に入るぐらい大好きな映画です。
何度も何度も見て、見る度に、映像の美しさ、物語の素晴らしさに感動して、涙なしでは見れないのですが、意外と低評価なのが、不思議です。
女の子がさまようあの世の、圧倒されるような美しい景色、
時々この世と交差するが、次元が違うから、すれ違う描写、
あの世とこの世に別れた家族が、想いの強さで、一瞬、お互いに通じる瞬間、
全てがすごくリアルで、実際、絶対こんな感じだろうなあと、私は思うのですが。
あまりスピリチュアルに興味ない人からすると、評価がわかれるのかなあ?
死体遺棄しようとする犯人と、そこに現れる女の子、
しかし、女の子が現れたのは、死体遺棄を阻止する為ではなく、大好きな人とのファーストキスの為なのです。
それが本当に深いと思いました。復讐で救われるのではなく、愛で救われるのです。
犯人の最後も納得できました。
妹が証拠を探すシーンなど、かなりハラハラドキドキのサスペンスみたいなところもあり、本当によくできた映画だと思います。
配役も、透明感ある美少女の主人公はじめ、不気味な犯人、父親、みな良かったのですが、祖母役だけ不要かな?と思いました。スーザンサランドンは好きですが。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ