ここから本文です

行旅死亡人 (2009)

監督
井土紀州
  • みたいムービー 21
  • みたログ 23

2.44 / 評価:9件

着想はいいのだがストーリーと役者が壊滅的

  • shi_no_zu さん
  • 2009年11月25日 19時23分
  • 閲覧数 523
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

タイトルの意味をネット等で知っただけで、細かなあらすじとか気にせずに観てしまったのだが、「何ですかコレ」。

ほんと、ヘンなミステリにしないでタイトルのまま、セミドキュメンタリーみたいなもので押しまくったほうがよほど良かったのでは? 

今までのレビューの方も書いていますが、ハイビジョンで撮ったからか、構図のほとんどが平面すぎる(というか見えてしまう)。役者さんの演技はセミ自主映画レベルだし、ミステリの部分もアラがみえみえ。セミ自主映画レベルだから、それぞれ感情的な表現が拙く、観ている側に伝わってこない。

着想はすごくいいのに、ストーリーによって台無し。

もっとも、愛する人のために、ここまでできますか? あるいはここまで自分を不幸にできますか? ということを投げかけているのは伝わってきたが、やはり役者不足は否めず、グッと引きつけるまでには至っていない。

とにもかくにも、中途半端な映画であることは確か。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ