ここから本文です

ムーンプリンセス 秘密の館とまぼろしの白馬 (2008)

THE SECRET OF MOONACRE/LE SECRET DE MOONACRE

監督
ガボア・クスポ
  • みたいムービー 13
  • みたログ 85

3.52 / 評価:33件

美術だけは一見の価値あり

  • michael_c さん
  • 2012年9月30日 23時27分
  • 閲覧数 678
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

扉をくぐると…そこは不思議な世界だった!みたいな設定をパッケージから勝手に想像してたら全然違う話でした(笑)。現実に不思議な事が唐突に入り込んで来るタイプのファンタジーでした。

衣装とセットはかなりよかった。それだけでも一見の価値があります。主人公マリアのドレスがとにかくかわいい。お部屋やインテリア、小道具もすごくかわいい。伯父さんのロングコート素敵。山賊?ロビンもマイコーのBADみたいでよかった。うーん、でもなんだか、視覚的には楽しいのですが説得力に欠けた気がします。衣装の自由度が時代考証を混乱させてて、中世なんだか近代なんだか…世界観がいまいちあやふやだったなあ。完全に異世界の話にしちゃえばよかったのに。夢オチなんじゃないかとヒヤヒヤしてました。

そう…美術は文句ないんですが、とにかくテンポが悪く、疾走感がなく、途中で飽きてたように思います。40分くらいのとこで、まだ1時間経ってないの~と思いました。見た事も無い新しいビジュアルが次々と出てくるっていうのがファンタジー映画の醍醐味だと思うんですが、このお話はじめからおわりまで絵面が大体同じなんです。飽きます。まあでも…ロビンにはちょっと萌えたけど(爆)。

あとカメラワークもなんだかわざとらしく…スローモーション、音楽、効果音のそれじゃない感も気になっちゃった…。ベテラン製作陣が作ったんじゃなかったんかい?お話の筋はロマンチックでしたが、あまり登場人物達に感情移入できず、心に迫る物がなかったような気がします。

ううむ。ファンタジー映画は、CG使いまくった最近の作品より、特撮で超がんばってる80~90年代の映画の方がワクワクしますね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • ロマンチック
  • 不思議
  • かわいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ