ここから本文です

つむじ風食堂の夜 (2009)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 75
  • みたログ 173

2.80 / 評価:54件

つかみどころがないのがよいのかも

  • jig******** さん
  • 2011年7月14日 7時30分
  • 閲覧数 594
  • 役立ち度 8
    • 総合評価
    • ★★★★★

つむじ風食堂に集う一風変わった人たちのお話
のようでいて実際は八嶋智人演じる主人公が中心の物語。
物書きの主人公が通う食堂はちょっと変わった人が居て、
彼の言動はどこか納得できるようでいてよくわからんという
和尚の説法みたいな雰囲気だ。
なんというか、雑学を聞かされて
へぇ~って言うような感覚です。
それが何かの役に立つのかというとそうでもなく、
話のネタとして温存しておくと後々・・役には立たないね。
人生をまっすぐな視点だけで捉えたら
同じ景色にしか見えないけれど
ちょっと変化球で見てみるとまだまだ発見があって面白いよ
ということなのかもしれません。


で、結局のところ面白いかと言うとなかなか微妙。


いままで直球ストレートの球しか見たことない人が、
カーブやシュート(野球詳しくないんであと知りませぬ)を見て、
おぉ~と感じるのと似ているかもしれません。
まぁ私は、ふ~んでしたけど。


変化があるようでいてほとんどなくて、
変な哲学が入ってきて頭使ってみたりと
なんともとらえどころがないのですが、
哲学みたいなところはむしろ華麗にスルーして
気楽にぼーっと観ているくらいがちょうどよいのかもしれません。
でもま、どうしても何かあるのかも?と
考えてしまうのがクセなので
私には脳を微妙に混乱させてくれた作品でした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 楽しい
  • ファンタジー
  • 不思議
  • 知的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ