ここから本文です

つむじ風食堂の夜 (2009)

監督
篠原哲雄
  • みたいムービー 75
  • みたログ 173

2.80 / 評価:54件

解説

吉田篤弘原作の同名のロングセラー小説を映画化した、心温まる大人向けファンタジー。『真夏のオリオン』などの篠原哲雄監督がメガホンを取り、ノスタルジックな食堂に集う、夢みる心を忘れない大人たちの交流を繊細(せんさい)なタッチでつづる。主人公を演じるのは、『秋深き』に続きこれが2本目の主演作となる八嶋智人。共演者も下條アトムや田中要次、ミュージシャンのスネオヘアーら個性派ぞろい。彼らが営む平凡だが心温まる日常に心がゆるむ。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

月舟町にあるどこか妙に懐かしい雰囲気のつむじ風食堂は、毎晩常連客でにぎわっている。雨降りの研究をしている私(八嶋智人)はある晩その食堂の席に着き、帽子店を営む桜田さん(下絛アトム)に“二重空間移動装置”という名前の万歩計を売りつけられる。その様子を、売れない舞台女優の奈々津さん(月船さらら)は、あきれ顔で眺めていた。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ