2009年12月12日公開

アフロサムライ:レザレクション

AFRO SAMURAI: RESURRECTION

R15+1002009年12月12日公開
アフロサムライ:レザレクション
2.6

/ 28

7%
11%
36%
32%
14%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

父の復讐(ふくしゅう)を終えた後、過去に斬ってきた者たちの魂を供養するため、仏像を彫る贖罪(しょくざい)の日々を送っていたアフロ。そんな彼の前に、クマのぬいぐるみを被った謎の剣客とミステリアスな女シヲが現れ、アフロへの復讐(ふくしゅう)を目的に、一番のハチマキと父の遺骨を奪おうとする。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(16件)

かっこいい18.5%ファンタジー14.8%切ない14.8%セクシー11.1%悲しい7.4%

  • hik********

    3.0

    アフロが……また、斬る!斬る!!斬る!!!斬る!!!!

    クールでスタイリッシュなバトルシーンは前作に続いてお見事。 前作同様、R指定なので残虐性は半端じゃないですが。 時間も前作よりも短くなり、100分ほどのまあまあ良い塩梅の時間になっていました。 相変わらずストーリーは暗いのだが、前作ほどではなく、むしろ「終わりなき戦い」というテーマ性が感じられて良かったです。 個人的には意外にも前作よりも好感触でした。

  • ass********

    4.0

    泥臭い敗北と勝利

    今回は「乾いたストーリー」から「泥臭いストーリー」に。 アメリカンな萌えキャラはなんかよく判らなかったですが、まあ面白いです。

  • tes********

    3.0

    前作よりも、パンチがない!!

    2.62点/15人/2009年   前作と違って、劇場用に作られているからだと思うが、画面の綺麗さのクオリティーは今作のほうが高いと思うが、 全体から受ける印象としては、パンチが無く、音楽もおとなしい感じで、グイグイ引き込まれる感じがあまり無く、途中で間延びした印象を何度も感じた。 本作単体として見たら、★4でもいいかな?とは思うが、前作あっての世界観だし、前作に比べるとどうしてもパンチの無さがいただけない。 カタキを討ったところで、その人が、生き返るわけでもなく、喜ぶわけでもないのに、そのことに固執して、また新たな憎しみを生むことの虚しさを話の肝にしてくれると、日本人である自分的にはすんなり感じられたと思うが、 本作を見た限り、その部分はあまり重要に描かれて無いように感じた。 シヲとその家来の関係性もよくわからず、アフロが前作から何も学ばず、また同じ事を繰り返すのも、感情移入は出来なかったので、 話の内容としては、乗れなかったので、純粋に何でもありアクション娯楽映画として楽しんだ。 余談、 もし続編があっても、もうおなかいっぱいかな・・・

  • shi********

    3.0

    ここはどこだ?お前ら一体何者だ?

    アフロでサムライなだけでもムチャクチャだが、その背景も輪をかけてムチャクチャな世界観。 文化的には日本だが、テクノロジーは未来。 ここはどこだ?お前ら一体何者だ? と観ているといつの間にか引き込まれる。 前作は観ていなかったがそれなりに楽しめた。 サミュエル・L・ジャクソンの吹き替えが素晴らしい。 英語にしたのは大正解。 この世界観をさらに混沌に、独特にしている。 敢えて望めばハチマキは「Head Band」ではなく「HACHIMAKI」にしてほしかった。 「SUKIYAKI」「GEISHA」「KARAOKE」のように浸透してほしいと思う。

  • shoko

    4.0

    前作よりレベルアップ

    昨日「アフロサムライ」をみて、映画の完成度は高いけど、こんな過激なバイオレンスは嫌、ってレビューを書いたばかり。 でもここまで見たんだからと、今日は3年後に公開されたというこちらの続編にのぞみました。 はじめの流血にはまたか、っておもったけど、今回はグラフィックが格段にレベルアップしている!色使いやイメージが前作よりサイケデリックで、アメリカのファンタジー系のイラストも彷彿とさせます。 ストーリーも人物描写が深くなってるし。 アフロサムライは自分の選んだ復讐の道のために耐えねばならない人生をうけいれるしかないし、彼と戦うキャラも戦うだけのせつない理由をもっている、、。 獅子舞、ひょっとこ、能面キャラも、なんだか千と千尋の神隠しみたいでおもしろい造形だし、なんといってもJinnoがいい男だよねー。 日本文化的には青森のねぶた祭りと徳島の阿波踊りの融合もいい絵になってるし。 殺戮の映画であることには変わりないんですが、今回抵抗感が低いのは戦う相手が改造人間やゾンビ(?笑)で、ロボットが壊れるのは、生身の人間が切られるのとは違って、フィクションであると自分の中ではっきり線引きできるからかな。 クロスカルチャー、クロスタイム、ヒップホップな時代劇、という世界観も前作でなじんでいるのですんなりはいれたのかも。 そうです、これは続編なので、前作みてからのぞみましょう。 ストーリーがよく理解できるし、今作がいかにレベルアップしたかわかるはず。 今日は素直に4つ星進呈です。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アフロサムライ:レザレクション

原題
AFRO SAMURAI: RESURRECTION

上映時間

製作国
日本/アメリカ

製作年度

公開日