レビュー一覧に戻る
ザッツ★マジックアワー ダメ男ハワードのステキな人生

shi********

5.0

ネタバレ邦題に只ならぬ悪意を感じる…

まず、本作品日本で公開はされなかった作品のようですが、一言『面白いです!』。 大まかな内容ですが… 主人公の青年は自分で人生を切り開くため、父の引いたレールをはずれ、作家を目指しつつも奇術師の付き人になります。 でまず、ここで私ビックリしましたが。。。 青年トロイ役:コリン・ハンクス トロイの父役:トム・ハンクス そうです、実の親子です!!!!!!! 冒頭に父親の紹介があるのですが、その時写真に『トム・ハンクス』が写っていて、まさか…???と思っていましたが、中盤に厳格な父親として登場し、二度ビックリした次第です。 ※『トム・ハンクス』はこの作品の制作にかかわっているそうです。 で、奇術師バック・ハワード役に、名優『ジョン・マルコヴィッチ』。 (名優の枠を超え、個人的には怪物と心の中で読んでいます。) 本作でも、素晴らしい演技で、どんどん引きこまれてしまいます。 観賞後しばらく『しっかし、ジョン・マルコヴィッチって、器用だよなぁ。。。本当、凄いわぁ~~~』等と、考え込むほどの好演(怪演?)ぶりでした。 本作品は、昔は脚光を浴びたが現在は落ち目の奇術師バック・ハワードの人生を、主人公トロイの目線で描かれています。 それにしても、他のレビュアーの方も書いていますが、邦題酷すぎです・・・・。 ダメ男ハワードって、全然ダメ男じゃないし…。 むしろ素敵な男性です。 作品を見ないで付けてしまったのか、ヒット作の色んな題名からちょっとずつ拝借してきたのか??? この邦題だけが、理解に苦しみました。 作品としては、素晴らしく大好きです! 『ジョン・マルコヴィッチ』ファンは必見です♪

閲覧数324