2009年11月6日公開

SOUL RED 松田優作

1022009年11月6日公開
SOUL RED 松田優作
3.4

/ 77

17%
29%
36%
12%
6%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

1949年、山口県に生を受けた松田優作は、人気刑事ドラマ「太陽にほえろ!」のジーパン刑事役で一躍人気スターの仲間入りをする。その後も『探偵物語』や『家族ゲーム』などの映画に出演し、着実に俳優としての地位を確立する。ついに『ブラック・レイン』で念願のハリウッドデビューを果たすが、1989年に40歳でガンのため急逝する。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(39件)

かっこいい27.2%セクシー14.1%勇敢8.7%泣ける8.7%切ない6.5%

  • shi********

    3.0

    比類なきヒーロー

    「ブラック・レイン」のサトウの衝撃は今でも忘れられない。 彼が生きていれば今の映画界は違ったものになっていたのは言うまでもない。 彼ほど狂気を含んだ眼差しを放つスターが、ヒーローが、今の日本にいるだろうか。 イケメンとやらは多々いるが狂気はおろか迫力もない。 彼が生きていれば「草食系男子」なんぞその言葉の存在さえ許さなかっただろう。 つくづく悔やまれてならない。

  • ぼごい

    2.0

    ちょっと物足りない…。

    優作ここにありですね。 でも以前観たような映像資料の羅列で、物足りなさを感じました。 インタビューもカット割りすぎで、内容が入ってこない(特にクドカンのところ)。 これ書籍でよかったんじゃない。 もっとプライベート映像とか色々な優作さんが観たかったなぁ。

  • z84********

    5.0

    役者松田優作

    ほとんど映画にしろドラマにしろ宣伝に 出なかった。見れば わかる。役者。歌も歌ってたけど失礼やけどそううまくはなかった。秀樹が入院した時見舞いに行く ほんま最近ドラマ、映画にしても役者らしい役者少ない。ほんま個性的な役者やった。惜しい。今だに。

  • kan********

    4.0

    生きているのは、お前か俺か

     リアルタイムで見てたわけはなく、存在を知ったのは没後だった。  「探偵物語」と「ブラック・レイン」ぐらいしか知らなかったけど、それだけど十分惹きつけられた。それは、松田優作から滲み出るハードボイルドな雰囲気とカリスマ的なオーラに因るところが多い。  ぶれない芯が一本通っていて、映画に対する熱い姿勢、熱い思いというのをずっと持ち続けていた人だったんですね。  渋い男というものは、冷静を装いながらも内には熱意を持ち続けているものだと思う。そういう意味で、憧れの存在でもある。  「生きているのは、お前か俺か」このキャッチフレーズ、巧いと思う。そして、このジャケ写、渋いがこれまた様になっている。  松田優作という俳優を知らない人で、松田優作に惹きつけられる人は、この映画で俳優松田優作の人となりを知ってみてもいいと思う。彼の作品を、もっと観ないといけないなとも思った。

  • ind********

    3.0

    ネタバレ今でも”生きている”俳優

    このレビューにはネタバレが含まれています。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
SOUL RED 松田優作

上映時間

製作国
日本

製作年度

公開日