レビュー一覧に戻る
ワカラナイ
2009年11月14日公開

ワカラナイ

1042009年11月14日公開

WXYは知ってても、それだけじゃ

2.0

大人は判ってくれない

描きたかったのは、不幸?、不条理?、釈然としない。どちらにしろ社会的な問題を描くなら現実感が必要だが、この作品にはさほどそれがない。なんか作為的な不幸の演出のような感じがしてしまう。葬送の仕方とか、現実にはまずありえない。走り方も何か変で不自然、ふと見てみるとこの監督「春への旅」で強烈なガニ股を演出した人だった。その名残がこの映画にもってことなのかな。 それに、コンビニの商品を持ち帰ったら犯罪でクビですんだらまだ良い方、そこでバイトして給料が入るのだからその時給以下で買えるような品物を簡単には持って帰らない、持って帰る理由なり原因の描写があっても良い、無いとこれも作品の現実感が減る一因になってしまう。 描かれてる様な状況だと、もっと現実的な対応が出来たと感じられる、他のコンビニとか他のバイトしても良いのに、とってつけた様なバイト探ししかないし。不条理の描写にも現実感が居る。

閲覧数431