ここから本文です

彼岸島 (2009)

監督
キム・テギュン
  • みたいムービー 117
  • みたログ 478

2.49 / 評価:334件

暗くて面白くないC級特撮ヒーローもの

  • サンゴ さん
  • 2019年5月31日 16時33分
  • 閲覧数 672
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

漫画は1巻と2巻ぐらいは読んでるので、和製吸血鬼ホラーだということは知っていた。
特に原作のファンというわけでもないので、期待せずに見てみたけど、ある程度原作の雰囲気を描いているのは島に行く前だけ。
島に行って吸血鬼たちに会った以降は、「これってこんな話だったっけ?」って疑問に思うような雰囲気に。

一番あっけにとられたのが、吸血鬼のボス役の山本耕史さんの雑な白塗り。
ほんっとうにちゃちいのだ。
コントのメイクにしか見えない。
吸血鬼役の人たちはみんなメイクをしているのだけど、それがあまりにもちゃちくてしょぼくて、コントか、せいぜいお化け屋敷のスタッフ。
そして、特撮部分もマジで酷い。
今の技術じゃなくて数十年前の特撮ヒーローものを見ているかのよう。
ワイヤーアクションもたどたどしい。

というわけで、中盤にいきつく頃には、もう完全に見る気をなくしていた。
ちゃんと見ていないので、あらすじもよくわかっていない。
とにかく、吸血鬼の集団相手にずっと殺陣をやっていた。
設定は知らないけど、銃をもちこんじゃダメだったんだろうか。
刀よりは遥かに殺傷能力あるだろうに。

ラストも別に謎解きがあるわけでもなく。
と思ったら、続編まで作ってるんですね。
よくこれで続編作れましたね。
どう考えても興行収入低そうだけど、それにもまして制作費がものすごく安そうだからこれでも採算とれるってことなのかな。
いくら物好きな私でも、これの続編は見ません。

B級どころかC級のクソつまんない特撮ヒーローものでした。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 絶望的
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ