ここから本文です

BANDAGE バンデイジ (2009)

監督
小林武史
  • みたいムービー 175
  • みたログ 655

3.09 / 評価:613件

ファッションの時代考証が・・・

  • to1******** さん
  • 2010年3月15日 16時50分
  • 閲覧数 256
  • 役立ち度 6
    • 総合評価
    • ★★★★★

昨年末あたり映画館で流れている予告映像を観ていて、「プロモーションフィルムみたい」と思ってあまり期待はしていなかったものも、
赤西仁初主演だし、音楽は期待出来そうと劇場に観に行ってきました。
(ちなみにチケットはLANDSライブ申し込みのため沢山買い込んだであろう人が出していたオークションでゲット)

最初からとにかく気になったのが90年代頭のバンドブームを舞台にしているのに、出演者が着ている服がその当時のものとは思えないこと。
ファッション関係の仕事を続けているので、ファッションの時代考証はどうしても気にしてしまうのかもしれないけど、例えばアサコが最初から着ているファー付きのちょっとタイトなモッズコートはあの頃なかったはず。
ナツが着ているダメージ加減がカッコいいハーフ丈のデニムもあの頃はなかったし・・・
『世界観を表現』ということで気にしない方がよいのでしょうか?
私はそこでどうしても物語に入って行きにくかったです。

90年代のバンドブームを舞台にする必要があったのかなあ?とそこが疑問ではありますが、音楽はさすがに素敵でした。
赤西君のボーカルには賛否あると思いますが、私は好きですね。KAT-TUNともソロライブ(観た訳ではありませんが)とも違って、ナツとして歌っていたように思います。

ラストシーンは余韻を残して心地よかったです。これを撮りたかったが為にこの映画を作ったのか?と思ってしまいましたが、キャストの力をほんとに引き出せた演出だったのだろうか?という疑問も残ります。
赤西仁をもっと追い込んで欲しかったし、他のキャストももっと深いところまで演じられる人達だったようにも感じます。

でも何となく飽きること無く観れたので、評価は3かなと。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ