ここから本文です

BANDAGE バンデイジ (2009)

監督
小林武史
  • みたいムービー 175
  • みたログ 655

3.09 / 評価:612件

悪くない

  • lamf さん
  • 2010年11月11日 18時21分
  • 閲覧数 434
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

音楽をやったことのある人には、特に楽しめると思います。
音楽ビジネスの中身が見れて。
バンドマンの映画って以前からあって、酷いのもありましたが、これは全然悪くない。小林氏監督というのもあり、バンドメンバー(本職もいますが)も奏でる音楽も本格的なバンドマンって感じで雰囲気があり、リアルでした。

映画としても結構良かったと思います。
流れる音楽も安っぽくなかったし。芸術肌の人間の性格や取り巻く空気感が出てて。
ストーリよりもそういう味わいがある感じが良かった。

ただ映画の中の世界は90年代が舞台になってますが、個人的には2000年前後のイメージで不思議でした・・・。

赤西君はナツ役にハマってたと思います。

ただ個人的意見として、
ナツの表面の薄っぺらさやさを演じる部分、それが出過ぎてる感じでした。
別にもっと内面の繊細さのほうを上手く演じてほしかった。逆にそれが強すぎて内面の繊細さが嘘っぽく、あまり伝わるものがなかった。
赤西君自体のイメージ(あくまでイメージですが)がぬぐい切れずそれがナツに乗っかりすぎてしまってて、溢れてしまってるように感じました。実際のナツ(存在しないが)はここまで(チャラくないんではないか)?と感じてしまう。

彼を批判する気はなく、赤西君は存在感ある(英語もできる)いい役者だと思います。もっと経験積めばさらに良くなると思います。

北乃きいちゃんは上手いですね。安定してるし、自分の演技を持ってるなと思いまいた。
いろんな違った役を見てみたいです。

個人的に杏ちゃんの歌声が、何気にこの映画で一番光ってたのが笑えました。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ