ここから本文です

誰がため (2008)

FLAMMEN & CITRONEN/FLAME & CITRON

監督
オーレ・クリスチャン・マセン
  • みたいムービー 156
  • みたログ 342

3.89 / 評価:106件

何か、信じられるもの

  • cia******** さん
  • 2017年2月6日 23時10分
  • 役立ち度 1
    • 総合評価
    • ★★★★★

シトロン役のマッツ・ミケルセン目当てで見ました。

でも主役はどちらかというとフラメンのほうだったかな。
運び屋の女性に惹かれ、関係が始まる。仲間が次々につかまり出し、彼女への疑念が湧いてくるものの、それを打ち消す日々。
明日どうなるかもわからない状況で、何かを信じずにはいられない切迫感が、ひしひしと伝わってきました。

非道さへの憎悪だけでは、先に待っているものへの確信だけでは、本当は抵抗は続けられない。
人間味ある闘士の物語。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ