ここから本文です

誰がため (2008)

FLAMMEN & CITRONEN/FLAME & CITRON

監督
オーレ・クリスチャン・マセン
  • みたいムービー 156
  • みたログ 342

3.89 / 評価:106件

解説

ナチス占領下のデンマークを舞台に、過酷な運命に翻弄(ほんろう)されながらも戦い抜いたレジスタンスの闘士フラメンとシトロンの実話を描く感動作。本国デンマークで国民の8分の1を動員し、デンマーク・アカデミー賞で5部門を受賞。フラメンとシトロンを『天使と悪魔』のトゥーレ・リントハートと『007/カジノ・ロワイヤル』のマッツ・ミケルセンが演じている。デンマーク映画史上最大級の製作費をかけた壮大なスケールと、真実ならではの説得力ある感動が味わえる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

第二次世界大戦末期。打倒ナチスを掲げる地下抵抗組織ホルガ・ダンスケの一員、フラメン(トゥーレ・リントハート)とシトロン(マッツ・ミケルセン)の任務は、ゲシュタポとナチスに寝返った人たちを暗殺すること。しかし、あることをきっかけに任務への疑問を抱き始めた彼らは、組織に対する疑念を膨らませるようになる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ