2010年1月16日公開

ブルー・ゴールド 狙われた水の真実

BLUE GOLD: WORLD WATER WARS

902010年1月16日公開
ブルー・ゴールド 狙われた水の真実
2.9

/ 18

6%
22%
39%
22%
11%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(10件)


  • tsu********

    3.0

    ペットボトルの水は飲みません

    大企業と政府連合対市民の構図で利権ムラのメカニズムを告発するドキュメントを最近立て続けに見て思うのは、こういう映画を撮れるだけのインフラが市民サイドにできてきたんだなー、とい感慨です。 自分が正しいと信じる意見を主張する人が映画のネタに十分なるビジネスになってきた、といことでもあります。 一方、ライバルの金儲けする大企業は、広告宣伝でイメージアップに努めて主張はしますが、お金儲けの事は静かに深く徹底的に追及していきます。 ときどき内部告発的に裏事情を垣間見ることができるだけです。 それだけに、こういう社会派のドキュメンタリーは興味深いです。 フツーにお勉強の★みっつ。

  • jig********

    3.0

    水が狙われている背景を知る

    水は商売になるといわれてもピンとこないのは 水を当たり前のように使えている日本だからですが、 本作の製作年度が2008年度ということを考えると 今は悪化しているのか改善しているのか興味があります。 終わり方を観ていると改善の方向に向かっているようですが、 水道水に民間企業(=お金)がからむと、 ここまでひどいのかと感じます。 たまたま作品の解説を踏まえて、 この手のことに詳しい方々の説明も少し聞いたのですが、 ペットボトルで売られている水は どこぞの国のただの水道水だとか。 どこかの国の水道水をわざわざ買うという 一見おかしなことがまかりとおるのが 民営化かと嘆くしかないわけで、 商売がからむとロクなことにはならないと思ってしまいます。 ちなみに○カ・○ーラ社の売っている水が 水道水だとかなんとか解説者が言ってましたが、 それが可能なのも売れるからということらしいです。 本件は作中には出てきませんが、 世界の水脈をどこの会社が権利持っている などなど情報が出てくるので、 その水がどのように作られているか調べてみると 色々なことがわかりそう。 そういえば、中国が日本の水が豊富な地域の土地を 買っているとかなんとか問題になってましたが、 そのうち”日本の安全な水”とかなんとか言って 水道水を売り出す日も近いかもしれません。 作品として中身がどうのよりも、 ”水と空気はただ”という認識でしかなかった身としては、 水が売り物にされ水関連の企業が続々と上場し、 いずれは石油のような市場になると予想されていることに 恐怖を感じます。 なんでもかんでもお金でしか買えない時代が来たら、 益々貧困にあえぐ国は搾取され続け 権利を得た国もしくは民間企業が権力を握るという 構図になってしまうのだと思いました。

  • aom********

    3.0

    本当の事かどうか疑いたくなる。

    日本のような水の豊かな国に裕福に暮らしてる私たちには 全く実感が持てない話でした。 見ていて怖くなる。そんな映画でした。 しかし、映画として見ると もうちょっとまとめてほしかったです。 前半の「自然」的な見方からの水の危機と 後半の「政治」的な見方からの水の危機 あまりにも内容がかけ離れていたので もうちょっとつなげてほしかったです。 平和ボケしている日本人の水の使い方を考えるいいきっかけになる映画でした。 不都合な真実よりはこちらの方が衝撃的で面白かったです。

  • s_l********

    3.0

    そのまま鵜呑みにはできないけど

    今、水資源が投資対象になっているという話は聞いたことがあったので、それがどれだけ危険なことであるかを丁寧に描いた作品で、その危険性については理解できました。 しかし、登場する人物が皆、今のままじゃ水は危ないといっている側の人間ばかりで、ときどき水を扱う業者が悪役のように描かれており、ちょっと公正さに欠けるような気がしました。 確かにここ数年、石油や穀物が投資の対象となって高騰しているということが、ニュースで聞かれるし、実際自分は田舎に住んでいるため、車は必需品の身としてはこういう投資対象となることによって困ることがある程度実感としてあります。 ですので、生活必需品が高騰することによる被害はそれなりに理解できるし、それが水ともなるとその影響の大きさは想像に難くないです。 そんなふうに考えていくと、店でペットボトル入りの水を購入することもちょっと考えてしまいます。 水で商売するのも完全な悪とは思いませんが、人命に影響するようでは大きな問題だし、そのへんの線引きをしっかりするべきだと思いました。

  • sav********

    3.0

    水にまつわる現在と未来予想図

    この日は、偶然にも シネカノン跡を回る1日になってしまいました。 まず、今作を鑑賞したのが ヒューマントラスト有楽町。 現在は東京テアトルに委託されています。 昨年までは シネカノン有楽町2丁目という 都内でも指折りの瀟洒な映画館でした。 鑑賞後、ちょっと用事があったので、 JR有楽町駅前のビックカメラに足を向けると、 閉館になったばかりのシネカノン有楽町1丁目、 次回公開予定作『過速スキャンダル』の看板がかかったまま。 生々しい傷跡を見ているようで、心が痛みました。 その後、渋谷へ移動したのですが とどめとばかりに、今度はシネカノン試写室の看板。 シネラセット、シネアミューズ、 どちらもシネカノン直営の映画館でした。 まるでシネカノンという路線の 廃線跡巡りをしているようでした。まだ 懐かしむほど、時は過ぎていないんですけどね。。。 さぁ、映画の本題へ。 今作、お水に関するドキュメンタリーです。 食シリーズドキュメンタリーのお水版と思っていただければ大丈夫。 朝1回のみの上映もあってか、 若い人から御年配のかたまで、 座席は6割ほど埋まっていました。 ☆彡     ☆彡 現状→大企業の暗躍→抜け目のない政治家→立ち上がる市民たち なんだ、この展開?『キャピタリズム』のお水版って感じにもとれるよな(苦笑) “水は資源になる” 数年前から雑誌などで読みましたが、 実際に水に関る戦いの実話を切り取ったドキュメンタリーです。 日本にいると 空梅雨後、ダムが空っぽになって 水が足りない、と騒ぐ程度ですが、 世界には、水を得るために、国と市民が闘い、 死者を出すほどの争いをしているといった、 日本では考えられないような出来事を目の前に突きつけられます。 ただ、申し訳ないのですが、 食に関するドキュメンタリーを3作品観た 私は、この展開方法に食傷気味なところも ございまして、正視をしつつも、どこかしら 斜めから観ている自分も、そこにいました。 ◇   ◇ “水利権” 日本に関して 頭に浮かんだ言葉。 関東圏に来てからは聞きませんが 名古屋在住時代はニュースで、それを 耳にすることが、しばしばありました。 簡単に言っちゃえば ダムの水を利用する権利です。 東海地区、 市町村によって 使える水、使えない水があったんです。 これ実際の話で、 現在も続いているのかな? 名古屋市緑区と豊明市。 行政境が隣接しているのですが、 水不足の際、豊明市は断水中の時間帯に 名古屋市緑区は、平気で水を使えていた、そんな信じられない話があったんです。 これ、水利権があるかないかの差なんです。 日本国内同士だからなにもおきませんが、 違う国同士なら戦争になってもおかしくありません。 映画内でも触れられていましたが、 近い将来、石油資源を巡って起きていた戦争が 水資源に取って代わる時代が来るのかもしれません。 ☆彡     ☆彡 上映終了後、 水の大切さを扱った映画だったからか、 いつもよりもお手洗いに行く人が少なかったです。 えっ?わたし? 我慢できずに行ってしまいました(苦笑) 興味のあるかたは、劇場に足をお運び下さい。 ただペットボトルの水を持ち込むと、上映後 冷たい視線を浴びるかもしれませんので御注意くださいませ。

  • kaz********

    1.0

    物語のない、主張の繋ぎ合わせ。

    久々の大ハズレ。映画としても、映像作品としても評価に値しない作品でした。ドキュメンタリー映画として、『泣きながら生きて』『犬と猫と人間と』『葦牙』などの作品を観てきましたが、それらの良作に共通していたのは中心に描かれた物語と監督の問題提起でした。現実話の中にも、一応起承転結を描こうとした形跡があるのです。 しかし、この作品はほんの少しの“起”のあと、ひたすら“承”が続きます。『水が汚染されている』『大企業が水を食い物にしている』『水をめぐる争いだ』などと同じようなペースで訴え続けてくるだけ。転ずることもなければ、結ばれることなく作品は終了します。これをお金を取って見せる作品だとは評価できません。 水が命の源であることは周知の事実。蛇口をひねれば当たり前のように水が出て来るこの国においても、猛暑で取水制限が行われたり、水道管が破裂でもして給水車でも出た日にはトップニュースを飾るような状態ですから、水自体がなくなった日にはどうなるか想像すらつきません。しかしそんなことは百も承知。ペットボトルに入った水が値札貼られて陳列されてるのも十二分にわかっています。 この映画が訴えてくるのは、そのわかりきった情報だけ。ナレーションもストーリーもなく、次から次に専門家が出て来て、口々に『大変だ』『戦争だ』と騒ぎ立ててるだけです。今後の対策や提起なんか何もなく、ブラジルの地下には大量の水があるぞ、羨ましいなという情報。 【ここからは素人考えです】 そもそも蒸発しない限り、地球上のどこかに水は存在し続けるわけではないでしょうか。地球上の湿度や雲の量が大幅に増えることはないと思うので、考えつく“飲用できる”水の減少の原因は?水の汚染?海水の増加の2点。 ?に関しては映像がありましたが、メキシコの短い映像だけであり、危機感を抱くまでには至りません。?に関しては海水淡水化技術が開発されており、その問題点については核廃棄物問題だと挙げています。なぜいきなり核問題化させて切り捨てたのか、都合の悪いものに目を背けたようにしか感じられませんでした。 こんな素人が繋ぎ合わせたような、問題提起して喚くだけのような作品にお金を払う価値はありません。少なくとも左方の男性はいびきをかいて睡眠を始め、右方の女性2人組は上映後不満を漏らしていました。 確かにエネルギー問題(石油枯渇)や環境破壊(地球温暖化)などに比べ取り立てて注目されていない問題ではありますので、一見の価値もないとは言い切れないのかもしれませんが、TVで放映されてたらどうぞ程度です。水より価値はないのかもしれませんが、貴重なお金を無駄に投じることのないよう、ご注意ください。

  • yam********

    2.0

    言いたい事はわかる…

    けれども、あまりに単調に自らの主義主張を羅列するばかりで、最後は眠気に負けてしまいました。 確かに大変なのはわかるんだけど、ちょっと辛い。

  • qwe********

    4.0

    これは大変だ

     どうせ重く暗い映画なんだろうな~と思って観に行きましたが、むしろそれを期待していったのですが、そんな感じにはなりませんでした。事実をただ見せるという映画ではなく、これから私たちはどうしたらよいのかそれを提示してくれます。特に最後に出てくる少年に希望の光を感じました。内容は非常に勉強になりました。これはみんな知っておく必要がある内容です。現在CO2ばかりが重要視されています、たしかに大切ですが水は直接命にかかわります。水は本当に大切です!いま食品自給率の話題がでていますが、上げるのに水がどれだけ必要か?食品だけではありません物を生産するということは水が必要なんです。これだけ重要な話なのにマスコミに取り上げられないのはなぜなのでしょう? もっと多くの人にこの作品を見てもらって話題にあげてもらいたいです。大変ですよこの内容。

  • stk********

    5.0

    石油戦争から水戦争の時代へ

    ドキッ!っとする宣伝コピーですが、 映画を観ると、もうその時代は始まっているようです。。 どのように水が生まれ、どのように使われていて、 どうして汚染され、どうして水戦争の時代になったのか。 上映時間90分にはおさまり切らないほどの情報量☆ 様々な専門家の証言、各国で実際に起こった水にまつわる事件、 順を追って説明してるので、分かりやすい構成だけど、 とにかく、この情報量で目が回りそうになります。。 情報のすべてを理解できなくても、 それだけ、多くの「水」にまつわる問題が、世界中で起こっている。 ということだけでも理解できれば、この映画を観る価値は十分にあると思います☆ わたしは、この映画にでてくることは全然知らなかったので、かなり衝撃でした。 監督の熱い“怒り”を感じるドキュメント映画。 地球温暖化は“どうやって生きるか”の問題だが、 水危機は“生きられるかどうか”の問題なのだ。(サム・ボッゾ監督)

  • WONKAVATOR

    3.0

    この戦争は既に始まっている

    様々な事例を挙げながら、水を取り巻く国や企業の利権と人類存亡の危機を唱える本作。 しかし、どの事例も似たり寄ったりで、同じ事の繰り返しな内容はたかだか90分が非常に長く感じる。 企業の利権が当然絡んで来る問題だけに、スポンサー問題諸々のしがらみで、TVで放映される事は無いであろうが、こんな単館で公開されてもこの重要な問題は世の中に届かないのであろう... 知っておいたほうが良い水の話。 周囲へ鑑賞を進めないまでも、水問題を語って広めるのは良い事だと思うが...

1 ページ/1 ページ中