レビュー一覧に戻る
抱擁のかけら
2010年2月6日公開

抱擁のかけら

LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES

PG121282010年2月6日公開

kyo********

4.0

ペネロペの色香全開

事故で視力をなくした、脚本家で昔は監映画督だったハリー(ルイス・オマール)はエルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)が死亡したことを知る。昔、レナ(ペネロペ・クルス)のことで関わった人物だった。「オール・アバウト・マイ・マザー」のペドロ・アルモドバル監督作品。 盲目のハリーに何が起きたのか。ハリーのエージェント、ジュディット(ブランカ・ポルティージョ)の息子、ディエゴ(タマス・ノバス)の視線で様々な謎が解けてくる。ミステリー調で描く愛と憎しみ、嫉妬、裏切り、そして復讐。最後に残ったものは? 裕福な暮らしを捨て、生き甲斐と燃えるような愛をとったレナ。昨年の「エレジー」で魅せた控えめな愛よりペネロペ・クルスのイメージに合う。愛にしろ憎しみにしろスペイン的だなぁ。赤をはじめ色鮮やかな色彩も。 ネタバレになってしまうので詳しいことは書けないけれど、クライマックスシーンのある映像はとても切なくなる。とってもとっても(ノ_-。) 「エレジー」に続きジジ殺しのペネロペが観られる。あいかわらず美しく見事な体も(///∇//) 2010/03/24

閲覧数971