ここから本文です

抱擁のかけら (2009)

LOS ABRAZOS ROTOS/BROKEN EMBRACES

監督
ペドロ・アルモドバル
  • みたいムービー 254
  • みたログ 794

3.49 / 評価:214件

解説

『ボルベール<帰郷>』のペドロ・アルモドバル監督とペネロペ・クルスにとって、4度目のコラボレートとなる恋愛ドラマ。愛と視力を同時に失った男の過去へとさかのぼり、男と運命の女との愛に満ちた日々と悲劇を描く。過去の出来事を封印して生きる男を演じるのは、『バッド・エデュケーション』のルイス・オマール。ペネロペは男の恋人で、すべてを求める美しい女優を演じる。人生の苦しみや痛み、そして愛と幸福の詰まった濃厚なドラマが涙を誘う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

愛する人と視力を失った14年前の事故を封印し、名前を変えて生きる脚本家のハリー(ルイス・オマール)。かつて、ハリーは新進気鋭の映画監督だった。ハリーは主演女優のレナ(ペネロペ・クルス)と激しい恋に落ちるが、レナには権力のあるパトロン、エルネスト(ホセ・ルイス・ゴメス)がいた。ある日、逃避行先の島で、二人を悲劇が襲う。

シネマトゥデイ (外部リンク)

映画レポート

(C)EL DESEO,D.A.,S.L.U. M-2535-2009
(C)EL DESEO,D.A.,S.L.U. M-2535-2009

「抱擁のかけら」至るところに二重性が。嘘とキャメラの危うい関係

 ここにもダブル、あそこにもダブル。「抱擁のかけら」には、至るところに二重性が仕掛けられている。登場人物が名前や職業をふたつ持っているだけではない。映画のなかにはもう1本の映画が仕込まれ、ひとつの人間関係はかならず別の関係を内包している。

 なのに、滑り出しはシンプルだ。嫉妬と復讐に彩られたフィルム・ノワール。思わずそんな錯覚を口走ってしまいそうになるが、錯覚はすぐに突き崩される。代わって浮上するのは、謎めいた構造の語りだ。中年男と若い男が出会い、若い女と初老の男が話に招き寄せられる。若い男は初老の男の息子だ。若い女は初老の男の愛人で、中年男の恋人だった。

 過去形で書いたのは、実はこの複雑な関係が14年前に結ばれていたからだ。現在の中年男はハリー・ケイン(ルイス・オマール)と名乗る脚本家だ(「第三の男」と「市民ケーン」と「郵便配達は二度ベルを鳴らす」を思い出したくなる名前ではないか)。14年前、彼はマテオ・ブランコという名の映画監督だった。ブランコは交通事故に遭い、失明してケインと名を変えた。恋人のレナ(ペネロペ・クルス)も、事故に巻き込まれた。

 筋はこれ以上明かさない。監督のアルモドバルは、すさんだ愛の物語を、赤を基調とした色彩の饗宴で描き出す。嫉妬と憎悪が競り合い、愉悦と当惑がこすれ合い、快楽と苦痛が同居して、映画の二重性はいよいよ強調される。いいかえれば、観客が歩まされる廊下はすべて二重底だ。足を踏み出すたび、われわれは着地する場所を怪しむ。足は床に着くのか、それとも床を踏み抜くのか。このサスペンスが「抱擁のかけら」を貫く。1台のキャメラが嘘をつくと、その嘘はもう1台のキャメラによって暴かれる。この構造も危うい。アルモドバルは、映画とのきわどい接近戦から手を引こうとしていない。(芝山幹郎)

映画.com(外部リンク)

2010年2月4日 更新

本文はここま>
でです このページの先頭へ