ここから本文です

ほぼ300 <スリーハンドレッド> (2008)

MEET THE SPARTANS

監督
ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
  • みたいムービー 7
  • みたログ 109

2.92 / 評価:37件

観たシーンが出てくれば笑えるパロディ映画

  • hoshi595 さん
  • 2019年12月4日 3時16分
  • 閲覧数 21
  • 役立ち度 2
    • 総合評価
    • ★★★★★

邦題からも分かるようにベースとなっている映画「300<スリーハンドレッド>」のパロディを中心に、ダニエル・クレイグ主演の007シリーズ「カジノ・ロワイヤル」の”あのシーン”や、有名な”セレブ夫婦”をネタにしたギャグなどがてんこ盛りで笑わせてくれます。

主演は、イギリスの俳優であるショーン・マグワイア。本家の主演ジェラルド・バトラーに雰囲気が似ている所もあり、期待以上の演技を披露しています。相手役は、女優と言うより”セクシー・ボディ・レッスン”の方で有名になっているカルメン・エレクトラ。他の出演者と比べ”ほぼ素顔”の演技で楽しませてくれます。

そのカルメン・エレクトラは「最終絶叫計画」、共演で敵役を演じたケン・ディヴィシャンは「羊たちの沈没」などのパロディ映画に出演しているし、他の俳優もコメディアンが多いのは当然として、TVシリーズ「アンドロメダ」のディラン・ハント役で知られるケヴィン・ソルボは、格好良いのでちょっと場違いに見えました。

結論から言えば、パロディ映画の場合元になっている映画とシーンが記憶にないと100%楽しめないのです。だから未見の場合は、そのシーンがなぜ面白いのか分からないこともあります。本作品も例外ではなく、「ロッキー」や「シュレック」などの映画や「アメリカン・アイドル」などのTV番組のパロディが出てきます。

でも、安心して下さい。そんな映画や芸能関係に詳しくなくても大いに笑えるシーンも満載です。但し少々”汚い”ところと、”下ネタ”が多いので初めてのデートでこの映画のDVDを見るのはお勧めしません。それでは、全米初登場で週末興行収入一位となった”ほぼ下品”なパロディ映画をお楽しみ下さい。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • セクシー
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ