2010年3月20日公開

マイレージ、マイライフ

UP IN THE AIR

1092010年3月20日公開
マイレージ、マイライフ
3.6

/ 1,529

17%
38%
36%
7%
2%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

仕事で年間322日も出張するライアン(ジョージ・クルーニー)の目標は、航空会社のマイレージを1000万マイル貯めること。彼の人生哲学は、バックパックに入らない荷物はいっさい背負わないこと。ある日、ライアンは自分と同じように出張で各地を飛び回っているアレックス(ヴェラ・ファーミガ)と出会い、意気投合するが……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

本編配信

スマートフォンご利用の方はアプリから視聴できます。

作品レビュー(497件)

切ない18.4%知的10.5%コミカル10.2%かっこいい9.4%笑える8.9%

  • aci********

    1.0

    ネタバレ微妙

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yoo********

    2.0

    映画館で見たが、、

    当時タイトルにそそられて新宿の小さな劇場で視聴。ストーリーが何もなかった記憶。題材は魅力的なのに見たらつまらなかった!

  • よっくん

    3.0

    ただただジョージクルーニーのかっこよさ

    とてもキマッてます。 男が見てもかっこいいなと思います。 独身貴族とはまさにこの事。 そんな彼が、独身貴族やめよっかなって相手を見つけたと思ったら、 裏切られてまた独身貴族に戻るんだけど、気持ちはもう前みたいに 独身貴族を楽しめる感じでもない。 人生において、何が大切なのかと考えるのは皆誰しもが悩みます。 幸せとは、なるんじゃなく、感じるものだというのは、その通りで 世間の常識やルール、幸せに対する基準を教えられても、 自分が感じられなければ、それは自分にとっては真実ではない。 人によって幸せは違うと言う事。 2021.09.22 二回目見ました。 途中まではほんとに良いなと思いました。 でも、最後の結局何もかも元通りになる感じが辛いし 彼のメンタルだけは元通りになっていないんですよね。 最後はビンガムを幸せにしてほしかったです。前と一緒には戻れていません。 彼は結婚したいのに出来ない、複雑な一人旅を続けなきゃいけなくなりました。 なので★一個減らしました。

  • bql********

    5.0

    安部公房『鞄』な映画。

    —  不安は感じなかった。  「ちゃんと鞄が私を導いてくれている。   ただ歩きつづければよく、   選ぶ道がなければ、迷うこともない。   私は嫌になるほど自由だった。」 — 安部公房『鞄』の結末の一節。 小中学生の頃の国語の教科書に載っていたこの小説は、社会人になった今でも鮮明に覚えている。 「自由は自由じゃない。むしろ自由とは、ときに不自由で、制限の中でこそ自由を感じられるのだ。」と意気揚々と語る安部さんの言葉は、当時小学生だった私にとっては全くの意味不明だった。けれど今は、その意味が分かるような気がする。 この映画は、主演を演じるジョージ・クルーニーの生き方を通して「人生における幸せとは」を問うてくる。 仕事に自分なりの哲学を持ち、毎日をそれなりに楽しんで、仕事とプライベートを絶妙にコントロールしながら、生きる。 表面的な人との関わりで効率的な生き方をを楽しんでいる一方で、どこか孤独を抱える主人公。そんな彼の心を動かす2人の女性に出会い、物語は大きく変化していきます。 人は誰しも、分からないなりに分かっているフリをして、けれどそれを悟られまいと必死に生きています。 全てに意識を向けたら、自分の心がやられてしまうから、どこかで何かを諦めて、考えるのをやめて、わざと見えなくします。本当は気付いているのに、それすら気付かないフリをします。 それこそが、制限されることで感じる自由であり、不自由が不自由たらしめている大きな理由なのだと、私は思います。 本当の幸せは、地位や名声、お金などではなく、案外「大好きな家族と近所の牛角に行って、腹一杯食べて、なんてことない話をして、少し酔っ払いながらみんなで帰り道を散歩すること」だったりします。 久々に良質な映画を観た気がします。 生き方に何となく方向性を示してほしい人。 そしてマイル貯めるのが好きな人。笑 是非観てみてくださいな。 ▼ハーバード大学で75年間研究が続いている「幸せとは」のTED talksが、本映画の主旨と何となく似通っていると感じたので、興味のある方は是非ご覧になってくださいね。 https://youtu.be/8KkKuTCFvzI

  • 島袋なおみ

    4.0

    仕事 or 家庭を考えさせる物語

    旅行好きな私もマイルを貯めるのと、飛行機や空港が好きなのでワクワク楽しめました。 主人公は独身を貫く渋い男ですが、出会う人によって考え方が変わり成長していきます。 この主人公は女性とはただ楽しむだけ、重い荷物は持たない、常に行動すればいいと言っていかにもラフでカジュアル人間に見えますが、解雇する時はちゃんと面と向かって話し合うという重く真剣でシリアスな部分を持っています。 他人の人生は、真剣に重く向き合えるのに、自分の人生は、軽く向き合ってしまう。 よくある話ですよね、、 それは失敗したくないから、傷付きたくないからという理由があるから行動できない。 物語の中で、身近な方の結婚式などを通し、考えや価値観が変わってきます。 後半は彼も家庭を持ちたくなってます。 普通なら、家庭を持つために結婚をしてハッピーエンドですが、やはりそんな単純ではありませんでした。 さらに全てを失います。 彼は仕事は上手くいってるのに本当の愛に関しては失業しました。 この映画の終わり方ですが、なかなか難しいです、、、 私は まさかこれで終わらないでくれよ!?と思ってたら、終わってしまいました。 でも、これがわかりやすいハッピーエンドエンタメ映画だったら浅くなりますね。 主人公がどっちにどう動いたのか解釈し辛いです。ハッキリわかりやすく描かれていないのでなんだか考えてしまいます。 つまり、これは私たちに考えさせるようにできていると思われます。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


受賞歴

ゴールデン・グローブ第67回

脚本賞

LA批評家協会賞第35回

脚本賞

NY批評家協会賞第75回

男優賞

基本情報


タイトル
マイレージ、マイライフ

原題
UP IN THE AIR

上映時間

製作国
アメリカ

製作年度

公開日