ここから本文です

インビクタス/負けざる者たち (2009)

INVICTUS

監督
クリント・イーストウッド
  • みたいムービー 1,145
  • みたログ 5,495

4.13 / 評価:2,469件

知識がないなら白紙で。チラシすら危険。

  • padme_amida_la さん
  • 2010年1月23日 15時58分
  • 閲覧数 1917
  • 役立ち度 202
    • 総合評価
    • ★★★★★

ここ数年、ほとんどハズレらしいハズレ映画が全くないクリント・イーストウッド監督の最新作。


反アパルトヘイトを唱え続け、ノーベル平和賞受賞、南アフリカ共和国第9代大統領となったネルソン・マンデラ氏と、1995年に南アフリカ共和国で開催された第三回ラグビーワールドカップでの、南アフリカ共和国チームの活躍を描いた作品。


ネルソン・マンデラ氏は、1962年に国家反逆罪の罪で逮捕、1964年に終身刑の判決を受け、1990年に釈放されるまでケープタウン郊外にあるロベン島の刑務所に収監され続けた。この間、ネルソンはW.E. Henryの「インビクタス」という詩を心の支えとして生きてきた。その一部を抜粋すると次のようなものだ。


「その門がどれだけ狭いとしても、そのまま何故罰を受ける必要があるのだ。
私こそが私の運命の支配者であり、私こそが私の魂の指揮官なのだ」


一方で、南アフリカ共和国ラグビーナショナルチーム「スプリングボクス」は、国家の恥とまで言われ、全く期待されずに第三回ラグビーワールドカップに出場する。スプリングボクスのキャプテンとネルソンは、どうやってスプリングボクスを導いていくのか。全体を通じて、ネルソンの思想を反映した「赦すこころ」と「諦めないこと」のブレンドが見事。


第三回ラグビーワールドカップの結末については多くの人の知るところでもあるのだが、もしそれを知らない人は、イーストウッド映画の「アン・ハッピーエンド」傾向を合わせ、あまり事前調査せずに観た方が良いと思う。映画を楽しめるかどうかの重要な要素である「結末」は、空気の読めない配給会社によって、ご丁寧に映画のチラシでもネタバレしているので、不用意にチラシを読んだりしない方が良いかも知れない。


#どうしてこういう無神経なチラシを作るのか、数時間問い詰めたいところ。


正直に言えば、この映画は、そこで語るべき内容に対してちょっと時間が短すぎたようだ。あと1時間は必要だったかも知れない。その分量を製作サイドは相当に切り詰めている。おかげでどうしてもアラは目につく。でも、そういう、重視すべきストーリーは原作本に譲るべきなんだろう。本には本の良さがあり、映画には映画の良さがある。


スポーツ映画で一番肝心なのは、そのゲームシーンである。ボクシングしかり、レスリングしかり、このところの名作映画は、こうしたシーンがどの程度リアルかという部分によるところがある。その点、球技は難しい。卓球やテニスだったら、CGによってボールを描いてしまうという技があるのだけれど、ラグビーではデカいボールを抱えて走る場面が多いので、なかなかそうはいかない(実際のところ、キックシーンはCGなのかも知れないけれど)。結果として、人間と人間がぶつかるところを多用するとともに、あとは音響によって迫力を出していた。だから、この映画は家のテレビで観たら迫力は大幅減。別に映画館の回し者ではないけれど、DVDで観るんじゃなくて、音響のしっかりした映画館での鑑賞を勧めたい。


ちなみに、本作ではマット・デイモン演じるキャプテン、ピナールが非常に大きな役どころとなっていて、スプリングボクスの監督の姿が全くと言って良いほど見えてこない。しかし、実際はこの映画には出てこない監督こそがキーパーソンだったようだ。他にも飛行機のシーン、刑務所訪問のシーンなど、エンターテイメントである映画ならではの脚色があるようだ。こうした脚色のないストーリーについては、原作本で確認してみるのが良いかも知れない。


あと、この映画に限る話ではないが、エンドロールが終わるまで、席を立つべきではない。


#個人的に疑問なのは、どうしてエンドロールの途中で席を立つんだろうってこと。最後まで見ていると格好が悪いとかの頭の悪い価値観が日本人にはあるんだろうか????暗いと足元が見えなくて危ないし、まだ見ている人にも迷惑。それでもわざわざ立つって、かなり頭が悪いと思うのだが。


それにしても、「負けざる者たち」って、なんか変な日本語だよな。もうちょっと別のタイトルを思いつかなかったんだろうか。「インビクタス-不屈-」ぐらいでも良かったと思うけれど。あ、字幕は松浦美奈さんです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 泣ける
  • 勇敢
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ