2014年10月18日公開

シネマ歌舞伎 法界坊

- 2014年10月18日公開
シネマ歌舞伎 法界坊
2.2

/ 39

18%
10%
8%
5%
59%
作品情報上映スケジュールレビュー

あらすじ・解説

金と女に目がないこじき坊主の法界坊(中村勘三郎)は、盗まれた吉田家のお宝「鯉魚(りぎょ)の一軸」のことを永楽屋娘お組(中村扇雀)から聞く。お組と恋仲の手代の要助(中村勘太郎)は実はお宝を探す吉田家の若殿だったのだが、金になると見込んだ法界坊は仲間と共に悪事を企み……。

シネマトゥデイ(外部リンク)

作品レビュー(28件)

笑える15.2%不気味12.1%恐怖12.1%コミカル12.1%楽しい12.1%

  • kih********

    2.0

    ドタバタ新・歌舞伎。よっ、鈴建屋ぁ。

     ま、賑々しくて明るくて宜しいんでしょう。賑々しいというのと騒々しいというのはちょっと違うようだけど、私には、そして茶の間のテレビで観るには、ちょっとうるさい。夕食をいただきながらの鑑賞では、お宝「鯉魚の一軸」の行方を見失ってしまう。  ま、私の感覚では、ドタバタ劇以外の何ものでもない。歌舞伎に縁のない私などには、映画『釣りバカ…』みたいなものだと思っているところに、その鈴木建設の運転手(笹野高史)が登場するなど、そのものズバリ。「中村屋ぁ!」じゃなくて、「鈴建屋ぁ!」と声をかけたくなる。  “歌舞伎”などと構えなくて、“ドタバタ新歌舞伎”とリラックスして観るのが相当。

  • qaz********

    2.0

    バカヤロー!(笑)

    私は上映時に仲間たちと恩師と銀座で鑑賞しました。 私は元々歌舞伎が苦手です。それに前にビデオで見たエノケンのイメージが強かったです。後半の幽霊の2人が合体するのは見ていて気味が悪かったです。 前野運転手はなかなかいい演技を見せていました。やはり、途中で寝ました。 オープニングで小屋がうつるのは印象的です。 でも、こんな愚作としか思えない作品にレビューは低くなります。 見たいか?ウーン・・・

  • son********

    1.0

    何だこれは

    今回のシネマ歌舞伎を見て、映像と音響について疑問をもったのでレビューさせていただきました。 これはシネマ歌舞伎ではありません。 今までのシネマ歌舞伎の映像・音響の良さはどこへいってしまったのでしょうか。 歌舞伎役者の皆さんに、松竹は謝るべきだと思ってしまいました。 私はこれまでシネマ歌舞伎を何作も拝見していますが、今までの作品はどれもすばらしかったように思います。 歌舞伎役者さんのすばらしい演技を活かす、あの臨場感を映像で表現できるのはすごい!!と感動し、これも芸術の一つだと受け止めていました。 しかし、今回のは芸術作品とはかけはなれている。 これは歌舞伎と歌舞伎愛好家達をなめている作品としか言いようがない。 ほかの方々が書いたレビューを見ても分かるでしょう。 もし松竹のシネマ歌舞伎関係者の方々がこれらのレビューを見ているのならば、少し反省していただきたい。真摯に受け止めてください。 そういえばプロデューサーさんとか変わりましたよね?スタッフさんも少し変ったかな? それらが原因ならば、昔の方々のほうがよかったです。 はっきり言って詐欺ですね。私の2000円を返してください。 今までのシネマ歌舞伎を期待して劇場に行くのは無駄です。

  • ais********

    1.0

    舞台をリアルに再現していたシネマ歌舞伎

    歌舞伎座、新橋演舞場の生の舞台を照明や音響を一切変更せずに撮影するため最高レベルの映像機材を用いて、通常のデジタルシネマの2.5倍のデータ量で上映していたのが法界坊以前のシネマ歌舞伎と理解しています。 何せ、暗い舞台を映して再現するためには高精度の映像でなければ綺麗に見えないのはド素人の私でも理解できます。 スタジオでライトをガンガンに照らして、カメラの絞りを絞って撮影するなら24Pや30Pでも綺麗に写るのです。 私も平成中村座に5回ほど行きましたが、歌舞伎座や新橋演舞場よりも更に劣悪な撮影環境だと心配していました。 法界坊は先々週観てきてがっかりしたのですが、敢えて「酷い」とはコメントしませんでした。 でも、前のユーザーレビューを見てコメントしなければと書き込みました。 通常の映画ではないのでハイスペックな映像(60P)が必要なのです。 舞台を再現させるという映画とは異なる映像作品(ODS)なのです。 巷にあるODSの中でも、法界坊以前のシネマ歌舞伎は世界最高峰だと思います。 以前の作品と比較してみては如何ですか? 法界坊は映像が汚いです。 あまりのレベルの違いに愕然とされると思います。

  • kto********

    3.0

    シネマ歌舞伎

     法界坊は浅草寺で録られた物で、そのロケーションが雰囲気を作っておるのであって、映像とか音響とか不満はあってもそれを望むのであればそれなりの設備を持ったスタジオでとらねば出来ない、現場の臨場感を楽しみべきではなかろうか。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


中村勘三郎[18代目]聖天町法界坊
中村橋之助[3代目]道具屋甚三郎
中村勘太郎[2代目]永楽屋手代要介/吉田宿位之助松若
中村七之助花園息女野分姫
中村歌女之丞仲居おかん/淡路七郎女房早枝
笹野高史山崎屋勘十郎
片岡亀蔵番頭正八
坂東彌十郎永楽屋権左衛門
中村扇雀[3代目]永楽屋娘お組

基本情報


タイトル
シネマ歌舞伎 法界坊

上映時間
-

製作国
日本

製作年度

公開日

ジャンル