ここから本文です

映画ドラえもん のび太の人魚大海戦 (2010)

監督
楠葉宏三
  • みたいムービー 65
  • みたログ 336

2.56 / 評価:268件

解説

国民的人気漫画「ドラえもん」がスクリーンに登場して30年、さらに映画作品30作目となる記念作。伝説の“人魚の剣”をめぐり、海底を舞台にドラえもんやのび太たちが大冒険を繰り広げる。テレビアニメ版の総監督を務める楠葉宏三がメガホンを取り、劇場版オリジナルストーリーを展開。人魚族の女王、オンディーヌの声を真矢みきが担当するなどバラエティー豊かなキャスト陣がゲストとして声の出演を果たし、友情と冒険の物語を盛り上げる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

“架空水”という道具を使って、町を海にして遊んでいたドラえもんたち。そこに、5000年前にアクア星から地球にやって来た人魚族の王女・ソフィアが現れる。人魚スーツを着て海底冒険に繰り出したドラえもんたちだったが、しずかちゃんが何者かにさらわれてしまう。そして、伝説の“人魚の剣”をめぐる人魚族と怪魚族の戦いが始まり……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ