2010年7月31日公開

ソルト

SALT

1002010年7月31日公開
ソルト
3.4

/ 2,679

14%
34%
37%
10%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(1,025件)


  • 黒子

    4.0

    ラストが物足りない

    途中何度も驚かさられ楽しく見ることができました。が、不完全燃焼で終わります。

  • mon********

    3.0

    アンジェリーナのアクションが良いけど

    ロシアだスパイだ暗殺だと胸踊るストーリーかと思ったけど、スパイなのか裏切りなのかよくわからないまま進むけど、アンジェリーナのアクションが素晴らしいので、内容は考えない事にした。 アンジェリーナってガッチリしてる感じするけど、足細いし骨ばってるのね。もう少しふっくらしてる方が魅力的かな。 内容はともかく派手なアクションあって、楽しめました。 最後に裏切り者でアンジェリーナに殺されちゃったCIAの男性。いつも冴えない役が多いから、デキる男の感じがしなかったわ。

  • zas********

    4.0

    とにかくカッコいいアンジー

    ディレクターカット版のもうひとつのエンディングも視聴。これはラストのソルトがあまりにもパーフェクトなスパイなので、通常の人間らしいソルトの方がやっぱり良かったような気がする。 愛する人を平然と見殺しにするふりをして心で血の涙を流してた演技は圧巻。 スパイ、大統領、暗殺と、日本では絶対に作れない映画を堪能させてもらった。 練りに練った脚本とアクションシーン、ふんだんにお金をかけた撮影は安心して映画の世界に入り込めるが、逆に現実世界じゃない前提で見てしまうのがジレンマ。

  • ane********

    4.0

    観客をも欺く巧みな展開!アンジーのもう一つの代表作!

    ツッコミどころは多々あるものの、観客をも欺く巧みな展開は評価できる。 他のレビューを見ると、ストーリーを正しく理解しないまま「しょっぱい」等、批判しているものも多く、残念である。 この映画、途中にストーリーについての説明やソルト(アンジー)の心理描写等もないので、分かりにくいのは確かであるが。。。 以下に念の為、ストーリーを簡単に記載する。 【ストーリー】 最初は、ソルト(アンジー)がスパイの疑いを掛けられ、それを晴らすために奮闘しているように見えるが、途中から、どちらか分からなくなり、結局ロシアの大統領まで殺害してしまい(実際は生きていたが)、まんまと観客の期待を裏切る。(実はロシアの同胞に自分は仲間だと思わせ、マイクを救出するのが目的だった。ロシアの同法が自国の大統領暗殺を企んだのは米国との緊張を高めるため) そしてロシアの同胞と再開したかと思いきや、今度は彼らを全員殺害。で、観客は再度「?」となる。しかし米国大統領暗殺に向け、任務は遂行しているのでますます「やはりロシア側か?」となる。 最後に、CIAに潜んでいたロシアの工作員を殺害し、大統領を守ることで「やっぱり米国側か」となる。(米国大統領に近づいたのは、逆に暗殺から守るため) ※これらのソルトの行動の目的について何も説明はなく、観客が見て理解するしか無いのでちょっと難しい。 【ツッコミどころ】 ・CIAの職員なのに、本名で仕事してる。また出頭してきたオルロフにもあっさり本名名乗ってしまう。取り調べも顔見せだし、CIAのくせに個人情報ダダ漏れ状態。 ・そんな状態なので、オルロフが職員の名前くらい事前に情報入手できても全然不思議ではないのに、「イヴリン・ソルト」という名前を口にした瞬間、同僚からも疑われてしまうソルト。 ・CIAの本部のくせにオルロフが靴に仕込んでいた隠しナイフもチェックせず。今どき空港でさえ、靴の金属探知するのに、CIA本部でノーチェックはあり得ない。 ・時間は戻って、北朝鮮での取り調べ。この時点で拷問されて殺害される可能性もあるのであれば、自分がロシアのスパイであると明かすはず。 ・彼女ほどの能力があるので、あれば、わざわざロシア大統領の暗殺を偽装しなくても、最初からロシアの同胞たちを殺害し、夫のマイクを救うこともできたはず。ロシア大統領暗殺偽装を一生懸命やっていたせいで、マイクを目の前で殺害されてしまう。 ・あんなザルな地下鉄警備なら、わざわざ煙で地下鉄停めて侵入しなくても、隣の駅から歩いて侵入すればよい。 とまぁ、ツッコミどころは多々あるものの、それでもそれを感じさせない(考えさせない?)テンポ良い演出があるので、深く考えなければ楽しめる映画である。

  • unm********

    3.0

    ネタバレテンポが良すぎて内容が追いついていない印象。

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • taa********

    4.0

    ネタバレ良作です面白かった!

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • kak********

    3.0

    いつも及第点のアンジェリーナ流スパイ映画

    主演はアンジェリーナ・ジョリーである。 「狂っちゃいないぜ」での存在感は期待を裏切らず、「トゥームレイダー」の格好良さで開花した。「すべては愛のために」で演技力も証明し、「アレキサンダー」のような歴史巨編でも実力を発揮した。そんな彼女の映画に外れはない。なぜなら、いつも全力で演技する姿に感動させられるからだ。 物語は、スパイ容疑で北朝鮮に捕まったCIAのスパイが捕虜交換でアメリカへ戻ってくる所から始まる。しかし、その後思わぬ訪問者が現われ事態は急転直下の展開となる。正にアンジェリーナ・ジョリーの魅力満載の映画で、多少分かりにくい点も許せてしまう。 共演は、「スクリーム」シリーズで知られるリーヴ・シュレバー。何を考えているのか分かりにくい男を演じていて、スパイらしくないように見え、つかみどころがないのだが、実は・・・となる。監督は、ハリソン・フォード主演「パトリオット・ゲーム」を手掛けたフィリップ・ノイス。 この映画、理屈抜きで楽しんでもらいたい。何しろ外れがないのだから。

  • zoz********

    4.0

    さすがアンジー!

    何をしても格好いいアンジェリーナ・ジョリー。 こういったアクション、はまり役。 敵なのか味方なのか分からないハラハラも、見ていて飽きない。

  • hal********

    3.0

    スパイ物の平均作

    見てハズレではないけど、視聴後にカッコイイ!最高!という高揚感はない普通に面白い平均点的作品。 女版ミッションインポシブル。 アンジェリーナ・ジョリーの特殊メイクでの男装と画面映えがすんごい。

  • per********

    3.0

    アンジー姐さんの目と唇に見惚れてしまう

    スパイ物、二重スパイ物はよくありますが、本作はさらにその上を行く超スパイアクションですね。なかなかヒロインの正体を悟らせない展開で、最後までハラハラしながら楽しく観れました。 思わず「そこまでやるか」と叫びたくなるほど、アンジー姐さんたった1人で果敢に難局に突っ込んで行きます。顔もスタイルも抜群なので、ほんと女スパイが様になってますね。特に思わせぶりな目の演技と愛敬のあるタラコ唇が好きです。走行するトラック上での体を張ったアクションも見応えありました。 どんなに若作りしても首筋に実年齢が表われるように、走るシーンにこそ俳優さんの本当の体力が表われると個人的には思っています。その意味で、アンジー姐さんの走りのシーンはもう少し工夫して欲しかったかな。

  • CHI

    5.0

    おもしろーい

    アンジェリーナ綺麗。彼女見るだけで価値あり。さらにあのアクション。変装。思わずTVの前で拍手しちゃいましたよ。カッケー。 アンジェリーナって、ブリジットバルドーとカトリーヌドヌーブとバービー人形とイオナに似てるね。素敵。

  • asa********

    3.0

    ネタバレアンジー七変化

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • muk********

    3.0

    トムクルーズ→エドウィンAソルト?

    当初トムクルーズ主演映画のはずが アンジェリーナジョリーに変更された 映画で題名も「ソルト」に。 制作発表から1年後にトムの降板が 決まったのはもしかしたら脚本が トムのお気に召さなかったのか。 トムクルーズのミッションインポッシブル3が 2006年公開で本作ソルトの制作発表が2007年 なのでジャンル的に同じスパイ物を嫌ったか。 ともあれアンジェに変更は正解だったと思う。 夫が殺されたシーンはショッキングで 妻のソルトは平常を装いながら顎がワナワナと 震える演技はトムには出来ないし、その後の 復讐劇もさすがのアンジェ。 ・北朝鮮で拷問受けるシーン ・問答無用で夫が殺されるシーン ・からのスパイ教官アジトを単独で殲滅 ・最後ヘリでぶん殴られ逃亡シーン これらを女性が演じるからこそ本作は 価値を高める事が出来たんだと思う。 男性が主演ならどっかで見た風景だし 更にそれがトムならミッションイン ポッシブルでやっとけって話になる。 アンジェリーナジョリーだから 観れる映画。

  • phe********

    5.0

    ストーリーよし!アクションよし!

    まず,アンジョリーナ・ジョリーが美しい。頭が切れて強い。 アクションがちゃんとしてて,でも映画ならではの派手さもあって満足。 ちょっとした伏線とかちゃんと回収されてて良かった。 欺し要素もあって,サプライズもあった。想像していたラストとは違ったので,いい意味で期待を裏切ってくれた。 とにかく良かった。アンジョリーナ・ジョリーをもっと好きになった。

  • oir********

    2.0

    なぜ?の疑問に辻褄は合うが迫真性は希薄

    謎の亡命ロシア人のCIA内スパイ暴露から始まるミステリーには、ん?なんでだ??という不可解さが累積していくことになるが、クライマックスでのネタ晴らしに「ああっ、はいはい・・」と合点納得はするものの、今一つ映像内に引き込まれるような迫真性は欠けていた印象。いいプロットだとは思うんだけどね。 スタントか一部は本人がやっていたか分からないがヒロイン:アンジェリーナジョリーは熱演していたように感じるし、脇役の最終黒幕もいい顔つきと演技だったと思われる。 それでも素直に「面白いっ!!」と快哉できなかったのは全てが流れるようにスムーズ過ぎたせいかもしれない。 またはヒロインがスーパーに強すぎて鼻白んだとか・・。 どうやらあの終わり方では続編もあるようなので、機会あれば見てみようかとは思う。 2.1の二つ星

  • shi********

    5.0

    アンジェ渾身の演技

    面白いの一言。 ストーリーもキャストも演出も秀逸。 感動作ではないが、良い出来だった。 家族を殺され、全てを奪われ、為すがままにスパイとして教育されたが、ずっとずっと復讐の機会を待ち続けた。 唯一の家族と呼べる夫も奪われた時の感情を押し殺していた演技も良かったと思う。 アンジェの渾身の演技、凄かったと思う。

  • なは

    3.0

    素晴らしいー、、

    てか金髪も黒髪もこんな似合うんだね

  • koume1532

    4.0

    ネタバレ最強スパイ、ソルト

    このレビューにはネタバレが含まれています。
  • yuki

    5.0

    予想外に面白かった。

    タイトルは知っていましたが、 初めてちゃんと観ました いや、面白かった 自分の中でアクション映画が観たい時期 ということもありますが、 これは良かった。 今更、アンジェリーナ・ジョリーすごい と気づきました。 ただ、出だしは拷問、そのあと尋問と 好みではないシーンが続くので それを抜けたら 見応えあるアクションで 最後まで良かったです。 映画(作り物)なので 細かい設定がどうのとか動機がどうのとか そういうことを批評するのは何だかなと思います ただ、自分の好みに合わなかっただけで、 そういう批判て後付けなんですよね 好みに合わない理由をつらつら並べて こき下ろしても仕様がなくないですか?

  • blu********

    3.0

    最強ソルト

    昔映画館の予告で観て気になっていた映画でした。アクションものはほとんど観ないため、アクション映画のスピード感とどんどん展開していく内容に夢中になって観ました。 ソルトの立ち位置がわかりにくく、結局どっち側??とわからなくなりますが、ソルトの行動の軸は夫で、前半は夫を助けるために、後半は復讐のためと考えると腑に落ちます。一人の女性としての幸せを追求することは許されなかったのか。子供の頃からスパイとして生きることを強要されているソルトに、後味は悪かったです。 見終わった後、こんな侵入も脱出も何でもできて、ロシア大統領でもアメリカ大統領でも射程圏内に入り込めちゃうソルトが、何故北朝鮮で捕まっていたのかが不思議でした。(ソルトなら自分で脱出できるよね?)

1 ページ/52 ページ中