ここから本文です

モリエール 恋こそ喜劇 (2007)

MOLIERE

監督
ローラン・ティラール
  • みたいムービー 131
  • みたログ 249

3.93 / 評価:68件

解説

笑いの中に人間の本質を描き出し、今も世界中の人々を魅了する17世紀フランスの天才劇作家モリエールの名作がどんな経験から生まれたのかを、大胆な発想で紡いだ歴史喜劇。モリエール作品のエッセンスを織り込みながら、彼が若き日に経験した冒険とロマンスを涙と笑いとともに描く。主演は『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス。共演にはベテランのファブリス・ルキーニ、『スイミング・プール』のリュディヴィーヌ・サニエら実力派が名を連ねる。

シネマトゥデイ (外部リンク)

あらすじ

1644年、22歳の駆け出しの劇作家モリエール(ロマン・デュリス)は前年に旗揚げした劇団の借金が膨れ上がり、債権者から追われていた。多額の借金に苦しむ彼は、金持ちの商人ジュルダン(ファブリス・ルキーニ)に窮地を救われる。借金の肩代わりと引き替えに、ジュルダンの演劇指南役として雇われることになったモリエールは……。

シネマトゥデイ (外部リンク)

本文はここま>
でです このページの先頭へ