レビュー一覧に戻る
涼宮ハルヒの消失
2010年2月6日公開

涼宮ハルヒの消失

1632010年2月6日公開

vap********

4.0

名作「ビューティフル・ドリーマー」を目指した

うる星やつらの劇場版「ビューテイフル・ドリーマー」はアニメの名作といわれていますが、本作はハルヒ版B・ドリーマーのような立ち位置に思えます。 実質的な主人公であるアタルとこの場合、キョンが作品世界とズレた日常に迷い込み、そこから抜け出そうとアレコレの謎に挑む・・・というお話。   涼宮ハルヒ作品のこれまでを引き受けつつ、それをひっくり返すという設定で始まり、その後の展開は時系列を行ったり来たりして、なかなか理解するのが難儀でしたが、そこが作品世界への没入に導いているような状態でしたね。  あのキョンのいつものモノローグによる理屈を聞いて、徐々に納得、理解していくにつれ、次はどうなる、ああ、あれはこうだったのかと、面白さが積み重なっていくのが楽しいですね。シナリオの構築ぶりが素晴らしい。  元々、理屈っぽいアニメですが、ギャク要素や叙情性もあったり、こんな風に面白く表現できるのはさすがとしか言えません。 映像も劇場版にふさわしくデラックス。印象的なのはアングルにもこだわりがあるのに感心しました。約3時間の長編ですが、飽きさせることなく、見応え十分な”大作”でした。  今となれば、京アニに降り掛かったあの凄惨なでき事もこの作品のストーリーのように世界線の改変がおこなわれたら、と思わざるをえません...

閲覧数865