ここから本文です

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (2010)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 277
  • みたログ 2,623

2.95 / 評価:1,113件

本筋はウェットな話なのが白ける

  • 江分利満 さん
  • 2011年5月10日 5時31分
  • 閲覧数 193
  • 役立ち度 10
    • 総合評価
    • ★★★★★

劇場版3作目。もう10年も経つんですね。

二人の関係と会話と小ネタを楽しむものということは合点してるが、そのドライな遊び感覚とは別に本筋はウェットな話なのがどうもおいしくいただけないところ。

仲がよかった双子の姉妹が一人の人を好きになり相手を邪魔に感じ始めるという話から、棺おけを崖から落とすマジックを利用して殺し、反省して自殺する。そして相手の男はそれをしかけた松平健を刺す といったあたりの無理やりな展開が白ける。

火責めの広場の真ん中に油の容器があったり、「新しい事業をしなくては」と話してるとこにお母さんが登場したりと言った思いっきりのいいご都合主義も続くと気持ちが離れる。

トリックは一級のものにして、推理ドラマの体裁を整え、人間関係は不自然にならないようにするという配慮が必要なんじゃなかろうか。小ネタが面白ければ後はなんでもいいというワケにはいかない。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 未登録
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ