ここから本文です

劇場版TRICK 霊能力者バトルロイヤル (2010)

監督
堤幸彦
  • みたいムービー 278
  • みたログ 2,633

2.95 / 評価:1,119件

ファンには楽しめるでしょうね。

  • pin***** さん
  • 2012年7月28日 20時38分
  • 閲覧数 998
  • 役立ち度 4
    • 総合評価
    • ★★★★★

人気テレビドラマ『トリック』の劇場版第3弾。

一番強く感じたことは、主演の仲間由紀恵、歳とったなぁということ。
テレビドラマ第一シーズンの放映されたのが2000年。
この劇場版第3作が2010年、10年もの歳月が流れているわけですから、仲間由紀恵の加齢が気になるのも仕方のないことかもしれません。

一方物語は、十年一日のごとき胡散臭さを保っており、奇術対決という設定も変わらず、安心して見られる内容となっています。
本作では村を守る「巫女」の跡目を巡っての霊能力者のバトルという物語となっていますが、もちろん、登場する霊能力者はいずれもインチキ臭い奇術師詐欺師。

いつものように、どこか現実とずれた世界を作り出し、見るものを眩惑してくれます。
奇術的トリックよりも、リアズム的描写をあえて無視した、独特の世界を作りあげて、見るものを惑わせるところに、この作品の魅力があるのかもしれません。

また、インチキ霊能力者の背景を同情的に描いていることも…最近の流れなのかもしれませんが…特徴です。
さらに単なるインチキ霊能力者を暴くことだけを描くのではなく、その反対のベクトルとして山田菜穂子を「もしかしたら本当の霊能力者なのではないか?」と思わせる、あいまいでファンタジックな描き方も見るものをひきつけます。
いや、これも、この手の作品の常套手段かも知れません。

本作では主演のインチキ霊能力者に松平健を配して、全体としては「あばれんぼう将軍」のパロディ的な描き方もしています。
そしてなにより、古くからのファンへのサービスとして、第一エピソードとの関連を描いているのも、うれしいところです。
最初の山田の夢に出てくる悪魔もどこかで見たようなデザインでした。

ドラマで使い古された手法を、多用し、ファンへのサービス精神たっぷりに作り上げた本作、やはり、ファンにはたまらないプレゼントでしょう。
逆に言えば、それだけの作品でしかないんですけどね。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 笑える
  • 楽しい
  • 切ない
  • コミカル
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ