ここから本文です

劇場版 Fate/stay night - UNLIMITED BLADE WORKS (2009)

監督
山口祐司
  • みたいムービー 50
  • みたログ 255

3.40 / 評価:175件

Fateを知らない人へ

  • ぶりばり さん
  • 2011年1月3日 23時17分
  • 閲覧数 881
  • 役立ち度 12
    • 総合評価
    • ★★★★★

 さすがゲーム出身だけあって、どちらかと言うと少年向けの話です。ちなみにボクは大好きです。

 どういう話かと申しますと、マスターと呼ばれる魔術師が7人いまして、そのマスターがそれぞれサーヴァントと呼ばれる使い魔を召喚します。
 ジョジョのスタンドのようであっても、両者は別々に存在して会話もするので、そうでもない・・・。

 そのマスター達がサーヴァントを駆使して共に聖杯戦争(殺し合い)を戦います。聖杯を手に入れると、どんな願いも叶えられるのでしょう。

 中心はマスターである衛宮士郎(えみやしろう)と同級生の遠坂凛(とおさかりん)の2人。

 サーヴァントには7種類ありまして、セイバー(剣士)、アーチャー(弓兵)、ランサー(槍使い)、ライダー(天馬乗り)、キャスター(魔法使い)、バーサーカー(狂戦士)、アサシン(暗殺者)といった感じです。

 この中で1番の人気なのが、本作のヒロインというか主役といっても過言ではないセイバー(女性)というサーヴァントなのです。
 
 サーヴァントには、それが分かってしまうと正体(英霊)がバレる的な、それぞれ真名という本当の名前みたいなのがあります。
 
 例えば、セイバーは女なのにアーサー王なわけ。そこがまた萌えだったりするんですよ、きっと?

 ランサーはケルト神話の英雄ク・ホリン。

 バーサーカーはギリシャ神話のヘラクレス。

 ライダーは同じくギリシャ神話からメドゥーサ。

 キャスターもギリシャ神話のメディア。

 アサシンはなぜか佐々木小次郎だったりするからワケ分かんない(笑)。

 その中でも隠れ主役と言われるアーチャー(遠坂凛のサーヴァント)の真名だけが謎だったりします。
 弓兵なのに、白兵戦に長けていたりと謎が本当に多いです。

 その辺りが、今回の劇場用アニメで判明することになるわけです。そこは必見です。

 最初は、よくある原作のダイジェスト映画かと思って見ていましたが、サーヴァント同士の戦い方や死に方が違ってきて、途中でボクにとっては初めてのストーリーだと分かってビックリしました。

 他に、本作には存在しないはずの8人目のサーヴァントが出てきます。名前はギルガメッシュ。
 こいつはめっちゃ強いのですが、正体はメソポタミア神話のギルガメッシュでしょうから、真名そのままやんって感じ。

 いろいろと長くなるので割愛しますが、戦う時の宝具として、エクスカリバーやゲイボルグなど、ファンタジーファンを魅了するものが、てんこ盛りな作品なのは間違いありません。

 オススメです。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • ファンタジー
  • 不思議
  • 勇敢
  • かわいい
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ