ここから本文です

月と嘘と殺人 (2010)

監督
高橋正弥
  • みたいムービー 6
  • みたログ 13

2.29 / 評価:7件

ツッコミどころ満載サスペンス

  • せぷたか。 さん
  • 2010年3月10日 7時57分
  • 閲覧数 771
  • 役立ち度 13
    • 総合評価
    • ★★★★★

出演者は男だらけでしたが、
なぜかアンテナに引っ掛かるものがあり行ってきました。

予想通り
劇場は女の子だらけ。
モッサイ男は私を含めて数えるほどしかおりませんでした。

まぁ、もう慣れっこですけどね(苦笑)

☆彡     ☆彡

う~ん、頑張っているのは
伝わってくるけど、それだけかな



「おもしろかったぁ(笑顔)」

私の後ろに座っていた女の子2人が喜びの声を発していました。

「(そうか、これが面白いんだ。勉強になるかも)」

私は、その声を聞き、心の中でつぶやきました。

◇   ◇

私の感想は、冒頭の2行に尽きます。

イケメンの、若手俳優さんたち、頑張って
芝居をしているのが、本当に痛いほど伝わってきます。

ただ、頑張る方向が間違っている(苦笑)


これ役者さんじゃなくて、
辻褄の合わないストーリーと
監督の演出力の弱さに原因があると思います。

ストーリーに関していえば、
「なんで、ここで、こういう行動をとらないの?おかしくない??」の連続攻撃。

演出に関していえば、
特にラスト、主人公の男の子が泣き叫ぶシーン。
「5年間の苦しみと、真実を知ったときの表現。ここまでの
 彼の性格やストーリーの流れからすると、鼻水や涎がたれるくらい
 感情を爆発させなきゃおかしいですよね」と首を傾げたくなるシーン満載。


もうすこし、ちゃんと仕事しようよ

そう声をかけたくなる気持ちで一杯になってしまいました(ハァ~~)

☆彡     ☆彡

結局のところ、
ストーリー云々でなく
イケメンキャストファンが
映画館のスクリーンでイケメンの
カッコいい姿を心行くまで堪能する、
それが最大テーマの作品だということなんでしょうね。

モッサイおっさんは最初からお呼びでなかったようです(苦笑)



若手役者のほとばしるような
頑張りをプラスして星2個をつけさせてもらいます。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 不気味
  • 勇敢
  • 切ない
  • かっこいい
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ