ここから本文です

プレシャス (2009)

PRECIOUS: BASED ON THE NOVEL PUSH BY SAPPHIRE/PRECIOUS

監督
リー・ダニエルズ
  • みたいムービー 528
  • みたログ 1,825

3.60 / 評価:671件

泣き面に蜂、それでも屈しない

  • 一人旅 さん
  • 2019年3月10日 16時15分
  • 閲覧数 1837
  • 役立ち度 7
    • 総合評価
    • ★★★★★

リー・ダニエルズ監督作。

両親から虐待を受けてきた黒人少女の苦悩と奮闘の日々を描いたドラマ。

アメリカの女流作家:サファイアが実体験を基に書いた小説「プッシュ」を新鋭:リー・ダニエルズ監督が映画化したもので、ニューヨーク・ハーレムに生きる一人の黒人少女の過酷な日常を容赦なく見つめています。

妊娠が原因で中学校を退学させられた16歳の黒人少女:プレシャスをヒロインにして、読み書きを覚えるためフリースクールに通い始めたヒロインがそこで出逢った担任教師や友人達に支えられながら新たな人生に向かって歩み出してゆくまでの過程を追っています。

父親二人によるレイプ及び妊娠・出産、同居する母親からの度重なる暴言・暴力といった虐待の問題に加えて、貧困の連鎖やHIV/AIDSの蔓延、ジャンクフードの過剰摂取による極度の肥満、教育の不十分と進学率の低さ等の、ハーレムに生きる黒人及び黒人社会を取り巻く現状を背景に据えながら、絶望の淵にいるヒロインのもがきと奮闘そして初めて知る愛情の尊さと新たな人生への第一歩までを、甘ったれた感傷を意図的に排した視点で描いています。

主演は大学在学中にオーディションを受けて役を勝ち取った新人:ガボレイ・シディベで、本作が女優デビュー作にも関わらず力のこもった熱演を披露しています。ヒロインの毒母を演じたコメディアン出身:モニーク(アカデミー賞助演女優賞)や心優しい先生を演じたポーラ・パットン、ソーシャルワーカーを演じた歌手:マライア・キャリー(普段のイメージとはまるで異なる素朴なメイクが新鮮)ら脇を固める女優陣の好演も光ります。

詳細評価

物語
配役
演出
映像
音楽

イメージワード

  • 悲しい
  • 絶望的
  • 切ない
このレビューは役に立ちましたか?
利用規約に違反している投稿を見つけたら、次のボタンから報告できます。 違反報告
本文はここま>
でです このページの先頭へ