アザーマン -もう一人の男-
2.9

/ 50

6%
16%
42%
32%
4%
作品情報上映スケジュールレビュー

作品レビュー(27件)

切ない30.0%悲しい14.0%絶望的10.0%泣ける6.0%不思議6.0%

  • b10********

    3.0

    後半で謎が解ける

    最低親父娘に不倫の詳細を教えるな!最後のシーンのラルフの行動は何してた?

  • まー

    3.0

    短いながら良質サスペンス?

    ニーソン&一人娘の図式から、 いつ誘拐されるのかと冷や冷やした…と、いうのは嘘で、 今回は妻の浮気に対する夫の奇行が描かれるわけだが… やや構成に難があり、ネタバレしてから、 もう一度、よく見直すと随所に伏線があって、 さらに理解できると思うけど、そこまで魅力的な内容でもない。 不倫系ドラマとしては珍しく前向きな結末で、 すべてを許して受け入れる主人公の成長を感じる作品なのかなぁ? そういう意味では、まぁ深い作品とも言えなくもないが、 サラッとしたラストで物足りなさは否めない。 妻の浮気自体が主人公の妄想だったとか、 ネタバレ部分が彼の虚構で、それが復讐になるとか、 そんな感じのどんでん返しがあれば、 もっと化けた作品になったかもしれません。

  • もふもふ

    3.0

    リーアム・ニーソンはホンマに名優。

    内容的には不倫モノ。昼ドラみたい。 だけど、リーアム・ニーソンとアントニオ・バンデラスが出ると話に重みが出るねぇ。 この手の話はあまり観ない私でも、最後まで観れた。 リーアム・ニーソン演じる夫が、妻の死、裏切り、嫉妬、殺意、などを乗り越え許しの心境に辿り着くまでのココロの変化を、迫真の演技力で演じている。 ますます彼に惚れました~( ^o^)

  • oce********

    2.0

    妻が不倫

    不倫の話っていうと大抵女性側の視点で展開するのだが、これは男側。 つまり不倫された方の視点で進んでいき、不倫相手を見つけようとする。 この不倫される男がリーアム・ニーソンであり、「96時間」のようにあの眼光で不倫相手を殺すというのだからこりゃ恐ろしい(笑) ところが話は不倫相手と接していき、相手のことを知るようになる。 この相手をアントニオ・バンデラスが演じており、リーアムの物静かな感じと対比になっており、これが不倫した部分と相まって自重を促す。 結末はちょっと白けたようなムードだったが、妻の秘密を明かす辺りからの切り替えはミステリーのような味わいでここは意外だった。

  • drm********

    2.0

    勝手な

    嫉妬にあふれた男の妄想劇だったんでしょうか? 作品全体の雰囲気は非常に良かったと思ったんですが、 結局それぞれの妄想を美化して終わってしまう構成には ちょっとばかし??でした。 リサの存在位置もやや曖昧で、一体どちらに振れたいのかわからず終いでした。 娘との関係性も描ききれぬまま。 彼氏があんな風体だったので、きっとその確執の部分とかしっかり 描くんだろうな…と思っていただけに肩透かしでしたね。 それも含めてもったいない作品だったと思います。

スタッフ・キャスト

人名を選択するとYahoo!検索に移動します。


基本情報


タイトル
アザーマン -もう一人の男-

原題
THE OTHER MAN

上映時間

製作国
アメリカ/イギリス

製作年度

公開日
-