レビュー一覧に戻る
アザーマン -もう一人の男-

esp********

3.0

ネタバレどちらの愛も本物だったのか・・・?

なんとなくパッケージを見て気になっていた作品です。 リーアム・ニーソンとアントニオ・バンデラスが対峙して、なにやら対決してくれそうな雰囲気。 【アザーマン】(愛人?)と言うタイトル、そしてサスペンスの棚にあったことから、妻の愛人が原因で泥沼状態になり、リーアムオヤジが【96時間】張りに復讐の鬼と化すのだろうか? 様々な妄想をしつつ、鑑賞しました。 妻役にローラ・リニー、娘役に【つぐない】のロモーラ・ガライと、キャスト的にも実力派揃いで申し分なし! 劇場未公開作品なので、簡単なあらすじを紹介しますと、 「ロンドン郊外でIT企業を経営しながら、靴の人気デザイナーである妻のリサと円満な結婚生活を送っていたピーター。ところがある日彼は、妻が自分の知らない別の男と密会を重ねていた意外な事実を知り、ショックを受ける。やがて妻の密会相手がミラノにいることを突き止めたピーターは、はやる復讐心をおさえ、自分の正体を隠したまま、相手のレイフに接近し・・・」 と言った内容でした。 見終わって、率直な感想は・・・まったくの予想外^^; ドロドロの、泥沼サスペンスを期待していた自分が、ある意味恥ずかしくなるような結末かな^^; そして、劇場未公開なのもなんとなく納得です。 テンポ良く進みあれこれ言葉や映像で説明してくれるような映画では無いので、もしかしたら映画通向け作品なのかも知れません。 私のような万人向け映画好きには、ところどころ理解できない部分が見受けられました。 映画はいちいちセリフで語る物ではないのだよ!と言われても、理解できないものは理解できないのだから仕方ない(苦笑) 主人公夫婦は、一見円満そうに見える夫婦でした。 リーアム・ニーソンが演じたピーターはIT企業の経営者、ローラ・リニーが演じたリサは靴の有名デザイナー。 愛にも金にも恵まれた、いわゆる理想的な夫婦像ですね! でも、この奥様・・・実は裏では長いこと別な男と不倫を重ねていたのです・・・。 出張で留守にしている妻の携帯とPCを、ピーターが盗み見て発覚したのですが、好きな人の携帯の中身とか見ても良いこと無いのになぁ~(苦笑) 私は自慢じゃないですが、許可なく他人の携帯を見たことは天地天命に誓って一度も無いです。 例えば好きな人が不倫・浮気をしていたとしても、自分の知らないところでやってくれて、結局最終的には自分のところに帰って来てくれれば良い・・・なんて甘っちょろいことを考えています^^; まあ最終的に帰って来ないこともありましたが(泣) でも、これは映画・・・ピーターだめだよ見ちゃ~~と思いつつ、さあ泥沼劇の始まりだ!と期待する自分も^^ しか~し。 後半になって分かるのですが(演出面は微妙かなと)、リサは実は既に癌で亡くなっていたのです・・・。 しかも、不倫がバレたのではなく、不倫していたのをピーターに知ってほしかったようでした。 そう言う事実は墓場まで持って行ってほしいと思うのですが、愛人との日々の記録・写真をご丁寧にもPCにしっかり保存して、ピーターに見せたかったようでしたね。 何故そんな行動を取ったのかは、私は本質までは分かりませんでしたが・・・。 憤って、愛人を殺してやる~!と、綿密な計画を立てて乗り込むリーアムオヤジでしたが、復讐はしようとするものの、殺そうとする寸前で踏み止まりました。 改心したのか?許す心を持ったのか? 少々分かり難かったかなと^^; このアントニオ・バンデラスが演じた愛人レイフは、浮いたような言葉を連発するキザ男で、職業的にもちょっと怪しいことをしているような男ですが、基本いい人で、しかもリサを心から愛し、リサも心からレイフを愛していたようでした。 不器用にしか愛せない男(ピーター)と、リサの本質を理解してくれる男(レイフ)。 でも、リサはピーターもレイフもどちらも愛していた。 夫婦愛が冷めた訳ではないようでした。 人間は、2人を同時に好きになることはあっても、2人を同時に愛することができるのかな? この映画の言いたいことは良く分かるのですが、どうしても私には理解できないかなと^^; それでも、リサはどちらも本気で愛していたんだよ・・・と言われてもね。。。 最後の最後で、レイフを「心が美しい男だ」と受け入れたピーターに、ホッとしたような、もっと泥沼劇が見たかったような、少々もどかしい気持ちになった本作でした・・・。 レイフが最後に語ったパーティーでのリサの靴のスピーチを聞いても、本当にリサの本質を理解し愛していたんだなと言うのは伝わりました。 ピーターは、もちろんリサを本当に愛していたけど、表面だけしかリサのことを分かっていなかったのかなとも。 相手の本質を理解するって難しいし、それが出来なければ本物の愛は得られないのかも知れませんね。

閲覧数405