レビュー一覧に戻る
アザーマン -もう一人の男-

oce********

2.0

妻が不倫

不倫の話っていうと大抵女性側の視点で展開するのだが、これは男側。 つまり不倫された方の視点で進んでいき、不倫相手を見つけようとする。 この不倫される男がリーアム・ニーソンであり、「96時間」のようにあの眼光で不倫相手を殺すというのだからこりゃ恐ろしい(笑) ところが話は不倫相手と接していき、相手のことを知るようになる。 この相手をアントニオ・バンデラスが演じており、リーアムの物静かな感じと対比になっており、これが不倫した部分と相まって自重を促す。 結末はちょっと白けたようなムードだったが、妻の秘密を明かす辺りからの切り替えはミステリーのような味わいでここは意外だった。

閲覧数604